食べ比べ・バター その2

では、昨日の続きです。
無塩バターの次は有塩バターの試食に移りました。

c0193257_6552961.jpg


10.フランスバター・PRESIDENT  (250g) 2.69Euro
特に感想なし。

c0193257_5254112.jpg


11.フランスバター・ECHIRE  (250g) 3.79Euro
無塩バターより10Centお値段が高めです。塩代かしら…?(笑)
しょっぱい。まろやかな感じ。まあまあ。

c0193257_5272787.jpg


12.フランスバター・La Viette (250g) 2.96Euro
ドゥセーブル県のヴィエットが生産地で水分が少ないのが特徴です。こちらはMETOROで購入。
塩加減よし。

c0193257_529868.jpg


13.フランスバター・PAYSAN BRETON   (125g) 1.49Euro
ほどよいおいしさ。

c0193257_530983.jpg


14.フランスバター・BEURRE D'ISIGNY-Beurre de baratte (250g) 2.99Euro
樽バターの塩入で、かなり黄色いバターでした。
しょっぱかった。深みなし。

c0193257_5314310.jpg


15.フランスバター・BEURRE D'ISIGNY-APPELLATION DORIGINE PROTEGEE (250g) 2.49Euro
油分あっさり。でもしょっぱい。後から甘みを感じる。

c0193257_533783.jpg


16.フランスバター・Pamplie (250g) 2.84Euro
塩気がちょうどよい。最初に香りがくる。

c0193257_5342215.jpg


17.イギリスバター・Dauble Devan Cream Butter (227g) 2.99Euro
こちらはイギリスバターです。しょっぱい。

c0193257_5354725.jpg


18.オランダバター・Frau Antje (200g) 1.69Euro
Pfannenbutterと書かれたオランダ産。
マイルドでうすい。酸味がある。

c0193257_5374184.jpg



以上、有塩バターの特徴はとにかくしょっぱい!ということ。(汗)
バターの香りがうんぬん、ということよりも塩気のほうが勝ってしまうようです。

なので堂々の一位は、香りがあり、塩気の少ない16番のフランスバター・Pamplieでした。
無塩バターではあまり票を得られなかったブランドですが、塩加減が勝利の決め手となったようです。(笑)

ところが二位は、これも意外や意外の結果となり、一票さで、なんと18番のオランダバター・Frau Antjeが選ばれたのです。
こちらのバターはPfannenbutterと表示されているので、もしかしたら炒め物などに適しているのかも知れませんよ。
あっさりさが受けたのでしょうか…ねぇ。

そして三位は11番のECHIRE 、12番のLa Viette、14番のBEURRE D'ISIGNY-Beurre de baratteが同票で、好みが大きく分かれたところです。


最後は粒塩シリーズ。

19.フランスバター・PRESIDENT (250g) 2.69Euro
塩辛く心地よい。

c0193257_5472612.jpg


20.フランスバター・PAYSAN BRETON (125g) 1.49Euro
粒塩がまんべんなく入っている。

c0193257_5493787.jpg


21.フランスバター・La Baratle du Cremier  (250g) 2.99Euro
乳牛から搾乳したばかりの牛乳から作られた原乳バター。
乳臭い。鉄のようなにおい。

c0193257_5522886.jpg



以上の粒塩バターに言えることは、有塩バターに比べ、バターの風味を感じつつ、塩の部分でしょっぱさを感じるハーモニーを味わえること。
粒塩の部分を食べなければただの無塩バターですから。(笑)
だけど粒塩部分に当たるとかなりしょっぱいです。

こちらは甲乙つけがたい、という意見もありましたが、一番人気は21番のLa Baratle du Cremier 。次いで20番のPAYSAN BRETON、19番のPRESIDENTという結果でした。

実は20番のPAYSAN BRETONは私が冷蔵庫に常備していた食べかけのバターで、先のキムチ騒動の時に冷蔵庫の中で一緒の時間を過ごしてしまったバターなんですよ。
そこでこれには「冷蔵庫の味がする」と言う鋭い意見があり、どきまぎとしてしまいました。(笑)

バターはにおいが移りやすいのですね…。
保存はきちんとバターケースに入れるか、ビニール袋等できっちりと被ったほうが良さそうです。


さて、一度に大量のバターを頂いたことにより、味覚の感じ方に多少のズレは生じているかも知れませんが、おいしいと感じるバターの中に、ドイツやオランダが混じっていたことは、本当に予想外の結果。

パンにぬるバター、材料として使うパンや焼き菓子にふさわしいバター、お料理に使うバターと、実は用途によって、バターは使い分けるができるようです。

そしてドイツでは価格もリーズナブルですので、贅沢にたっぷりと使うことができるのがうれしいです!


今回の食べ比べ会には、昨年、日本へ本帰国をされ、偶然、ドイツへ遊びに来ていたSさんも参加してくださ
いました♪
参加者の皆様、大変、お疲れさまでした~。

そして最後にジャンケン大会で各自、バターをお選び頂き、お持ち帰りして頂きましたので、今度はおうちでゆっくりと味わってくださいね。
お教室でもしばらくの間は、贅沢にフランスバターが使えそうです。

ありがとうございました。



にほんブログ村 海外生活ブログへ


☆レシピ本のお知らせ☆
12月15日に日本でお教室のレシピ本が発売されました!

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社


デュッセルドルフでご購入ご希望の方は、くわしいご案内を送りますので、件名に「レシピ本」と記入のうえ、こちらのメルアドへお問い合わせください。
ドイツ国内、近隣国への郵送も可能です。
kieko1224@yahoo.co.jp
※メール送信から二日以降が経過しても、こちらからの返信メールがない場合には、届いていない可能性があります。お手数ですが再度、送信してくださいますよう、ご協力をお願いいたします。
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-08-31 20:22 | あれこれ