<   2009年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

食べ比べ・Brötchen


第二回パン倶楽部のお題は「Brötchen」。

ドイツ語でBrot(ブロート)はパン、chen(ヒェン)は小さな、可愛らしいという意味なので、まさにかわいいパンとでも言うのかしら…?

ドイツ人が朝食に食べるパンとも言われ、パン屋さんではハムやチーズなどをはさんで売っていたり、また焼いたり、茹でたりしたソーセージをはさんで食べるドイツの定番のパンのひとつです。

そして今回もご近所のおなじみのパン屋さんから、街中のパン屋さんまで、18個のブロートヒェンが集結いたしました。

c0193257_88042.jpg


これを8名のメンバーで試食(汗)。

では、メンバーのお一人のHさんが、かねてよりおっしゃっていた「ブロートヒェンは紙の味がする」という意見に着目し、早速、検証開始です!


①Christophel
Heerdter Sandbergの駅寄り、日本人学校へ行く途中のパン屋さん。お値段は27Cent。
これがいきなり紙の味(汗)。紙は食べたことがなくっても、まさに紙を食べているみたい。
c0193257_8213752.jpg
 

②büsch
近所のREALのスーパーのレジ前にあるパン屋さん。お値段は25Cent。
生地が白くって、もちもち感あり。恐らく材料に牛乳が入っているのではないかと思われます。こちらは好きか嫌いか、好みが分かれるところ。
c0193257_8255393.jpg


③Hinkel am Rathaus
市庁舎の近くにあるパン屋さん。お値段は30Cent。
サクサク感は今回のパンの中でダントツでした。粉の味もあるのですが、多少、苦味も…? 形がとっても自然体。
c0193257_8283968.jpg
 

④Scüren
Nordstr.にあるBIOのパン屋さん。お値段は28Cent。
添加物を一切、感じさせない素朴なお味。なんとなく紙の味が残る、という意見もありましたが、個人的には前回のクロワッサン同様、私好みのパンのお味です。
c0193257_833389.jpg


⑤W.Behmes
こちらもNordstr.にある1898年オープンという老舗のパン屋さん。お値段は30Cent。
皮がパリッとしていて、穏やかなお味と独特の風味あり。何をつけても合いそうということで高評価。
c0193257_849125.jpg


⑥Zanders
Belsenplatz近くの茶色い壁のパン屋さん。お値段は28Cent。
しょっぱい(汗)。
c0193257_8525455.jpg


⑦Terbuyken
どこでも見かけるチェーン店。お値段は26Cent。
まさに紙の味(泣)。
c0193257_8552634.jpg


⑧Hercules
BIOのパン屋さん。お値段は35Cent。
Dinkel麦を使っていますので、ブロートヒェンというよりは前回のクロワッサン同様、別物です。
形も独特ですが、噛み締めるほどに麦の味が感じられて、パンとしてはやはり評価が高いです。
c0193257_934895.jpg


⑨WOLFF
kaiserswerthにあるパン屋さん。お値段は29Cent。
もちもち感ありの普通のお味。給食のパンみたいだった…という感想も。
c0193257_991799.jpg


⑩PUPPE
ルークプラッツにあるチェーン店のひとつ。お値段は29Cent。
他社のチェーン店がたいていは紙の味、という低い評価を受けている中、こちらは香ばしさもあり、まずまずのお味で、万人受けしそうです。
c0193257_9124590.jpg


⑪Wilhehm Herzogenrath
Niderkasselstr.にある日本人にも地元のドイツ人にも人気のあるお店。お値段は30Cent。
バランスが良い。塩気があるけど、気にならない。多少、皮がかたいけれど、紙の味はしない。とこちらもまずまずの評価。
c0193257_9152633.jpg


⑫Berns
バルバロッサの教会の前に木曜日に来る移動パン屋さん。お値段は27Cent。
形がかわいい。噛み応えがあるのは、ずっと風にさらされているからかな? 味の評価は分かれました。
c0193257_918143.jpg


⑬Kamps
こちらも街でよく見かけるチェーン店。お値段は27Cent。
やっぱり紙の味(泣)。
c0193257_9194840.jpg


⑭Oehme
こちらも街のいたるところにあるチェーン店。お値段は29Cent。
しょっぱくって、パサついていて中もかたく、もちろん紙の味がして、まずいの他に、唯一、最悪という言葉がついてしまいました(汗)。
c0193257_923535.jpg


⑮BASTIANs
アルトシュタットのマルクト前にあるカフェのパン屋さん。お値段は30Cent。
こちらも紙の味が…。お店のカフェの雰囲気が良いので、その場で食べると、騙されてしまうのかも知れない! 残念ながらクロワッサンに続いて、ブロートヒェンも不評です。
c0193257_9262562.jpg


⑯Evertzberg
アルトシュタットのマルクト内にあるパン屋さん。お値段は28Cent。
パリッとしていて、香ばしく、バターの風味さえ感じられて、おいしいです♪ お店の前にいつも人が並んでいる理由もこれで納得。
c0193257_9295848.jpg


⑰Hinkel
ドイツ人がデュッセルドルフでNo.1というパン屋さん。お値段は30Cent。
しょっぱ過ぎて、後味に塩気が残る。焼きすぎのような感じ。
c0193257_935072.jpg


⑱Basic
BIOのスーパーの真空パックに入っているブロートヒェンです。お値段は一個が0.37Cent相当。200度のオーブンで約9分焼きます。
もちもち感あり。添加物は入っていないはずなのに、独特な風味を感じるのは、保存のための袋の中の匂いなのかな? 
c0193257_9354018.jpg




では総評です♪

ブロートヒェンの食べ比べは、クロワッサンに比べると、非常に難しいものでした。

今回はかぼちゃやひまわりの種などがついていないシンプルなブロートヒェンのパンを、何もつけずにそのまま試しましたので、途中、お水を飲みながらの試食、といった具合(笑)。

しかもお味に関しては評価をつけるのが難しく、「第一位のパン屋さんは?」という質問に、皆さん全員が「ここが一番!とは決められない」とのことでした。

そこでおひとりずつに、上位三つのパン屋さんを選んで頂いたのですが、その結果、全員、上位入賞の中に選んで、唯一、8票を獲得したのが、⑯Evertzbergです。

ついで5票獲得の⑤W.Behmes。そのあとに別物だけど、やっぱりパンとしておいしい⑧Hercules、定評のある⑪Wilhehm Herzogenrath、④Scürenと続きました。

そこで気になったのは、ドイツ人がおいしいと薦める⑰Hinkelのパン。
しょっぱすぎです! かなり多めの塩が入っているみたい…。
だからこそ、この味の濃さがドイツ人に受けるのかな?

しかも今日は本店が長期夏休み期間中だったため、わざわざ支店のブロートヒェンを買って来て頂いたのですが、夏のこの時期は、休暇でブロートヒェンのマイスターがお休み、という噂も…。
実はこの企画、冬に行うべきだったかもね…、なんて笑ったのですが、夏場と冬場でブロートヒェンのお味が違っていたら、これまた大変、興味深いことにはなるのですけどねぇ~(笑)。

さて、通常はバターやジャム、はちみつなどのトッピングをしたり、ハムやチーズをのせて食べるブロートヒェンですから、多少、紙の味がしてもごまかされてしまうのかな…と思いつつも、やっぱり香ばしくって粉の風味のあるおいしいブロートヒェンを食べたいもの。

ドイツを代表するポピュラーなパンなだけに、ぜひおいしいブロートヒェンを味わって頂きたい。
今日の食べ比べの成果が、皆さんの購入時の参考になれば良いなぁ~と願っています。


メンバーの皆さん、ご協力、ありがとうございました♪

にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2009-07-31 10:37 | パン

Butter-kuchen


これはちょっと危険なおいしさ。

ドイツを代表するお菓子のひとつ、「Butter-kuchen」を焼きました。

c0193257_661386.jpg


こちらはケーキと名前がついておりますが、実はイーストを使ったふわふわのパン生地です。

パン生地の中にもバターを多めに使い、さらに二次発酵を終えた生地の上面に、バターをぬって、スライスアーモンドを散らしてから、たっぷりのグラニュー糖をかけて焼いています。

c0193257_683535.jpg


そして少し焼成時間を長めにしたことが、逆に功を奏したのか、底の部分にはしっかりと焼き色がついたので、サクッ、ふわっ、ほろっ、としたハーモニーがお口の中で三拍子揃いました。

これは間違いなく高カロリー。
だけどおいしくって、ごめんなさい!(冷・汗)


ドイツのパン屋さんの「Butter-kuchen」は、イーストを使ったパン生地だったり、ベーキングパウダーを使ったケーキ生地だったり、バターたっぷりのデニッシュ生地だったり…と、色々ですが、私はやっぱり生イーストを多めに使ったふわふわパン生地が一番のお気に入り♪

そして天板に大きく伸ばして焼いた生地を、四角く切って頂きますが、端っこを揃えようだなんて、その半端な部分を切っていくうちに、お口にほいっ、ほいっと入ってしまう…。

今日はスキムミルクを入れ忘れてしまったのに、このおいしさだもの。
危険、危険!

さっさと切り分けて、冷凍しておくことにいたしましょう~(笑)。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2009-07-30 06:28 | パン

Lebkuche-Herz


毎年、7月にライン河沿いにやってくる大きな移動遊園地・Kirmesが今年も早々に終わってしまいました。

あっという間に遊園地を組み立てて、あっという間の9日間だけオープンして、さっさっと片付けて消えてしまう夏の風物詩。

本来はデュッセルドルフの守護の聖人・聖アポリナリスの祝日を祝うためのお祭りです。

そして残念ながら、私は行く機会を逃してしまったのですが、その代わりにこんなものが手元に残りました。

c0193257_5544720.jpg


こちらはキルメスでよく見かける「Lebukuchen-Herz」。
ハートの形をした香辛料ばっちりの特大クッキーです。

ハートの中にはたいてい色々な文字が書かれているのですが、これはちょっとしたレア物なんですよ(笑)。

実はキルメス期間中、デュッセルドルフの地元のTV局・Center.tvが敷地内に出張スタジオを出しており、そこで配られている特別なクッキーなんです。

と言うのも、主人が仕事で二日間ほど、こちらのスタジオ内でお寿司を握ったので、その記念とお礼に頂いて参りました。

ところでこのLebukuchenというお菓子。
本来はドイツの定番のクリスマスクッキーのことで、はちみつシロップに粉とお砂糖、それにたっぷりのスパイスを混ぜ込んで焼いたものです。

なので強烈な香辛料の匂いがプンプンします!

このへんが好き嫌いの分かれるところでもあり、私はちょっと、いえ、かなり苦手かも…。

ちなみにどんな香辛料が混ざっているかと申しますと、コリアンダー、シナモン、アニス、ナツメグ、クローブ、オールスパイスなど。
スーパーにはすでに配合されたLebkuchengewürzというのも売っています。

しかもこちらのクッキーはかなり日持ちがするのも特徴で、頂いたCenter.tvのLebukuchen-Herzは、2011年6月30日と、賞味期限がえらく長い日付けになっておりました(汗)。

はたしてこれは食べるためのものなのか?
それともただの飾り?

我が家ではこのレープクーヘンを前に、誰の食指も一向に動く気配がありませんので、このまま記念品としてずっと残りそう…。
なんだか思いがけず、2009年のキルメスの思い出…と早変わりしそうです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2009-07-29 06:56 | お菓子

すごもり丼と野菜コロッケのパパごはん


昨日に引き続き、パパごはんから、二品のご紹介です(笑)。

まずはパラパラ牛肉の「すごもり丼」。

c0193257_185172.jpg


牛肉は細切りにして、焼肉のタレにつけたものを焼き、その上に半熟卵をのせました。
名前のとおり、鳥の巣みたい(笑)。


そしてもう一品は、じゃがいもをベースに、合挽き肉とグリーンピース、コーン、人参など、野菜をメインにした「野菜コロッケ」です。

c0193257_1114616.jpg

c0193257_1122850.jpg


こちらはたくさん作ったので、食べない分は冷凍保存して、コロッケパンや忙しい日の夕食の一品へと早変わり。

夏休みですからねぇ~。
息子たちが食べる昼食分も何か用意しておかなくっちゃ…と思うとき、冷凍してあるおかずが大活躍してくれるので、ホント、大助かりです(汗)。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2009-07-28 01:17 | パパごはん

本格・ハッシュトビーフのパパごはん


最近、ソース作りに凝っているパパごはん。

デミグラスソースはハインツの昔のソースがイメージにあるそうで、それは今のソースよりも色が黒かったのだそうです。

つまりはソースを焦がすこと?

こちらはなかなかイメージに近づかなかったようで、一週間くらいかけてやっと完成させたのですが、なんだか作り方をたずねても、私にはプロ過ぎて、一向に頭に入らず、残念ながら説明することができません(泣)。

そして次なるソースはマデラーソースと、これまた聞いたことのない名前。
こちらはボルトガルのマデイラワインを煮詰めて作る甘いソース。

しかもこのマデイラワインが高くて、一本、9ユーロという高級品(汗)。

これを半分の量まで煮詰めて使うというのだから、かなりもったいないお話…(笑)。

まぁ、そんなこんなで、時間をかけて完成させたデミグラスソースと高級マデラーソースを合わせて、牛肉と玉ねぎを使って仕上げたのが、昨晩の「本格・ハッシュドビーフ」です。

c0193257_155721.jpg



いわゆるハッシュドビーフの素を使わない本格派は、素材の味が生きてます!

ただただ脱帽…のおいしさでした(汗)。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2009-07-27 01:17 | パパごはん

チョココロネ


「おっ、久しぶり~」と珍しく息子たちからお声がかかった「チョココロネ」。

コロネ型に生地を巻きつけてから焼き、冷めてからチョコカスタードクリームを空洞部分に注入します。

c0193257_415286.jpg


どの角度から撮ったら、上手くできたように見えるのかしら…なんて、カメラ視線をあちらこちらへ向けてみたのですが、やっぱりコロネの形が不出来なのがバレバレ(汗)。

正直に申し上げますと…コロネ型にくるくると生地を巻く作業は、あまり得意ではないんですよ。

だから何気に難しいパンのひとつ、と勝手に思い込んでいるのですが、そう思うのは私だけかな?

金属製の細い円錐形をしたコロネ型はドイツの通販で購入しました。

そしてコロネにはやっぱりチョコカスタードクリームです!

思い起こせば、チョココロネは息子たちが大好きなパンのひとつでした。

ふわふわのやわらかな生地の中にチョコレート味のクリームがおいしかった…なつかしい日本のパン屋さん。
今でもそんなふうに思い出に残っているのだそうです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2009-07-25 04:44 | パン

黒糖きな粉ボウロ


黒糖ときな粉、バターと卵を混ぜて、小さく丸めて焼いた黒糖きな粉ボウロです。

c0193257_155074.jpg


サクッとしていて、一口食べると、あとをひくおいしさは、ちょっとしたお茶請けにもぴったり♪

こちらは混ぜて焼くだけなので、パン生地の発酵の間に作るお菓子のメニューのひとつなのですが、以前、お教室で作ったときに、なぜか、焼成時間が来る前に、真っ黒に焦げてしまって…(汗)。
すぐに焼成温度を下げて、リベンジをしてみたのでが、二度目もやっぱり真っ黒に近い焦げ…(汗、汗)。

そんなことは初めてだったので、どうしてだったんだろう…?とずっと疑問に思っていましたが、どうやらこれは使用した黒糖の糖分の違いが原因だったようです。

今回の黒糖きな粉ボウロは後ろ側もこのとおり。
レシピ通りに作っても焦げ色がきつくありません。

c0193257_1553483.jpg


たまたま焦げてしまったときに使用した黒糖は、通常、使用する黒糖とは違う種類のものを使ったんです(泣)。

これはパンの上面の焼き色にも共通して言えることですが、副材料にお砂糖などを多く使った場合は、やはりお砂糖のカラメル化が進んで、焼き色がきれいにつきやすい分、気をつけて見てあげていないと、焦げやすいんですね。

お教室の焼成時間は、ほっと一息、作業を終えて、いつも皆さんとのおしゃべりに花が咲いている真っ最中。
ついつい、気が緩みがちなのですが、実は一番、重要な最後の仕上げなんだ、ということを忘れてはいけない。
そんなふうに黒糖きな粉ボウロが私に教えてくれたような気がします。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2009-07-24 15:20 | お菓子

Rundzucchini


あらら、どうしてこんなに太っちゃったの~?
と、思わずびっくりの太いズッキーニをBIOのお店で発見しました!

c0193257_5352523.jpg


その名も「Rundzucchini」=「丸いズッキーニ」。

夏野菜のズッキーニは、オリーブ油と相性がばっちりですね♪

見た目はきゅうりに似ているけれど、実はかぼちゃのお仲間で、細長い形状が一般的ですが、品種によっては、洋ナシ型や写真のような球形のズッキーニが存在するのだそうです。

今日の夕食に同じく夏野菜のパプリカやなすと一緒に、茹でたマカロニとトマトソースを使って、即席ラタトゥイユを作ったので、半分に切り分けて見ると…

c0193257_544168.jpg


中味も同じくただの太ったズッキーニでした(笑)。

そしてお味は通常と特に違いはありませんでしたよ。

それにしても昨年来より、体重が増え続けている私としては、なんだか太ったズッキーニの叫び声が聞こえてくるよう…。

あ…ぁ。
細いズッキーニのようにスマートになりたいわ…って…(汗)。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2009-07-23 05:53 | あれこれ

ナプキン立て


お教室の入り口に飾ってあるリース生地と同じパン生地で、ミニ食パン型のナプキン立てを作りました。

c0193257_4215854.jpg


ナプキンをはさむとこんな感じ。

c0193257_425453.jpg



最初に作ったナプキン立ては、分量が半分だったので、超ミニサイズ。

c0193257_425483.jpg


こちらはナプキンが三枚しかはさめずに、おまけに高さがないので、ナプキンを折り曲げないと安定しないという失敗作です(汗)。


このパンで作るナプキン立てのアイディアは、アントワープのパン屋さんで見たメニュー立てがヒントになっています。

c0193257_4462355.jpg


こちらはもっと素朴なパンで、なんだかまだ食べられそうな感じがしますね(笑)。

一方、私の作ったナプキン立てのほうは、卵を何度も重ね塗りして、カビ防止のためにもしっかりと焼きこんでいます。
外観は焼き物と間違えられるくらい…(汗)。

c0193257_4582917.jpg


それでもパンの香りがして、心地よいナプキン立てに仕上がりました♪



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2009-07-22 05:02 | パン

Pfifferlingのスパゲティーでパパごはん


久しぶりのパパごはんは、旬のきのこを使ったスパゲティーです。

c0193257_62923.jpg


上の写真では、Pfifferlingがよく見えませんね(汗)。

ちょっと拡大してみると…

c0193257_694821.jpg



Pfifferlingの日本名はアンズタケ。

このきのこは、アスパラやルバーブが姿を消して、ベリー類が店先に出回るころ、木箱に入って土付きのまま売り出されます。

オリーブ油で炒めて、お醤油味のスパゲティーによく合います。

クセのないお味なので、お味噌汁の具としてもなかなかですよ。

そして黄土色をしたPfifferlingを見ると、もう秋だなぁ…って、短いドイツの夏を実感するんです。

もちろん、まだまだ昼間は蒸し暑い日が続いていますが、木陰の風や朝晩の冷え込みになんとなく秋の気配を感じませんか?

旬の味…大切に楽しみたいですね♪


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2009-07-21 06:21 | パパごはん