<   2009年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

カマンベールチーズ入りとんかつでパパごはん


久しぶりにパパごはんの登場です。

c0193257_1956529.jpg


ただのとんかつではありません。
ほらほら、お肉の間にチーズが入ってます(汗)。

c0193257_1519113.jpg


「チーズの女王」とも呼ばれているカマンベールなのに、なんと贅沢な使いよう…。

ドイツのスーパーではかなりお安く手に入るので、日ごろはそのままパクリと食べたり、パンにつけたり…、といつも冷蔵庫に常備しているチーズではありますが、これが豚肉とも相性はばっちりでした。

最近は揚げ物を敬遠しがちな私ですが、思わず手をだしてつまみ食いをしたくなるほどに惹かれてしまったこの姿…(笑)。


そしてテーブルの上には、とんかつのほかに、忙しい日の夕食にメインデッシュとして活躍するごちそうがいっぱいです。

c0193257_15271744.jpg


たいていは何品かを週末に主人がまとめて作ってくれるので、本当に大助かり。

感謝♪ 感謝♪ でありがとう~♪



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2009-09-30 20:23 | パパごはん

Makochann@Sweetのココアエクレア


c0193257_481930.jpg


シュー生地にココアを加えたエクレアです。

エクレアといえば、上面にはチョコレート。
そしてあられ糖もふりかけました。

クリームはいつものカスタードクリームにバターが加わったバタークリームです(汗)。

カロリーUPだけど、しっかりとした固さのあるクリームに仕上がって、味は悪くありませんよ~。

「でも見た目がねぇ…」
とは主人のコメント。

「素人っぽい」
と、かなりの辛口です。

茶色い色はどうしても見た目に見劣りしてしまうので、一工夫加えたいところですが、これで十分満足してしまっている母の私…(笑)。

プロの世界は厳しいです!


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2009-09-29 04:18 | Makochann@Sweet

秋の収穫


種まきをした時には、まさかこんなにも大きく成長するとは思ってもいなかったとうもろこしの木。

夏の間はみるみると成長して、お教室に来る皆さんを毎回、驚かせてくれましたが、実もすべて取り付くして、最近ではアブラムシがたくさん付き始めたので、いよいよ伐採の時を迎えました(泣)。

c0193257_23213668.jpg


あら~、なんだかすっきりとベランダの向こう側が見えちゃう。

近頃は「カサカサ、カサカサ」って、枯れた葉っぱが風に揺られるたびに、演奏会が行われていたのですが、それももう聞こえないのかと思うと、少し寂しいですね…。

あっという間に切り取られて山積みにされたとうもろこしですが、こちらは良い肥料になるとのことなので、しばらくの間はこのまま放置して乾燥させることにいたしました。

c0193257_2326331.jpg



そして今日の収穫です。
まずはお豆。

落花生とは名前のとおり、花が咲いた後に子房の柄が地中に伸びて、土の中でサヤに包まれたピーナッツが育つのですね。

c0193257_23325262.jpg


小粒だけど、こんなに収穫できて、ちょっと感動~♪

c0193257_23333871.jpg



そんなお豆にすっかり気をよくして、今度はじゃがいもを掘ってみることに…

c0193257_2337858.jpg


できてる、できてる。
こちらも小粒ではあるけれど、新じゃががゴロゴロと土の中から顔をだしました!

c0193257_23384225.jpg


早速、食べなくっちゃ~。
やっぱり実のなるものを育てるということは、収穫と食べることで、二度楽しい!

というわけで、どちらも茹でてから昼食に頂きましたが、お豆も茹でて食べるとおいしいのですよ。
つるん~としていて、小さいながらもちゃんとお豆のお味が広がるんです。

c0193257_23462759.jpg


じゃがいもは熱いうちにフランス産のバターをのせて、じゃがバターです。

c0193257_23484281.jpg


もちろん皮ごとパクリっ。

茹で時間もあっという間だったけど、みんなの胃袋に収まるのも早かった…(汗)。
おいしい時間は、ほんのつかの間の出来事で終わってしまいました。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2009-09-28 00:00 | あれこれ

焼きカレーパン


こちらは油で揚げずにオーブンで焼いた焼きカレーパンです。

c0193257_3515248.jpg


お口に入れたら、サクサクっとする音が聞こえてきそうでしょう?(笑)

通常はパン生地にカレーの具を包んで、油で揚げるカレーパンですが、お教室では時々、成形後に二次発酵をさせてからオーブンで焼く、焼きカレーパンのリクエストが入ります。

油を使っていない分、ボリューム感には少し欠けますが、体にはヘルシーですね。

それに中味のカレーが油の中で爆発する心配もないので、安心して作れます(汗)。

揚げたて同様、焼きたてがおいしい焼きカレーパンでした。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ 
[PR]

by milkieko_cafe | 2009-09-26 04:03 | パン

スライサー


食パンを包丁でサンドイッチ用に薄く切るのって、とっても難しくないですか…?

1cm弱の薄さに切るのはもちろんのこと、真っ直ぐ切ること自体が難しくって、いわゆる、均等な厚さにする…というのが私には不可能なんです(汗)。

それでも包丁使いの上手な主人は、それなりに薄く同じ厚さに切ることができるのですが、いくら包丁の動かし方がポイントだと教えられても、今まで満足に切れた例がありません。

そこでそんなストレスを解消してくれるのが、こちら。
電動のスライサーです。

c0193257_3394716.jpg


開くとこの通り、立派なのこぎりのような刃がついています。

c0193257_3402558.jpg


切りたい厚さはダイヤルを調整して、5㎜間隔になっているメモリを好きな幅にセットします。

c0193257_3424859.jpg


そしてスイッチを押して、回転している刃にゆっくりとパンを当てていくと、これが魔法のように上手に切れちゃうのですよ♪

ほら、このとおり。
サンドイッチ用の5㎜のうすさに食パンが切れました!

c0193257_3504593.jpg


もちろんパンのほかにお肉の薄切りなんかもできるのですが、これはもっぱらパン専用。

ドイツの黒パンやバケットなども好みの幅にカットできるので、パン屋さんで購入してきた大きなパンは、このスライサーで切り分けてから冷凍保存しています。

これさえあれば大きなパンも怖くない!(笑)

先日、一代目のブルーが壊れてしまったので、こちらは新しく買ったばかりの二代目ホワイトくん。
これはもう私にはなくてはならない大切な道具のひとつです。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2009-09-25 04:17 | 道具のこと

山形食パン


久しぶりに食パンのご注文を頂いたので、1.5斤用の食パン型で販売用の食パンを焼き上げました♪

c0193257_3241776.jpg


食パン型はお教室の方から譲って頂いた角食パン用の型です。

c0193257_3254395.jpg


1.5斤用のサイズは幅11cm、長さ22cm、高さ12cmとちょっと大きめ。

お粉は450gを使用しましたが、思った以上に二次発酵で膨らんでくれたので、蓋はせずに山形パンに焼成しました(汗)。

食パンの材料は粉とイースト、お水に塩、スキムミルク、そして少量の砂糖とバター。

シンプルな材料なゆえに、なかなか奥が深い食パン作りなのです。

でもサンドイッチにするには、中の具のお味の邪魔しないためにも、シンプルなお味が一番!

そしてやっぱりふわふわな食感を楽しみたいものです♪


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ 
[PR]

by milkieko_cafe | 2009-09-24 03:45 | パン

Makochann@Sweetのパンプキンモンブラン


おうちカフェのデザートで登場したパンプキンモンブラン。
もう少し説明を付け加えさせて頂くと…(笑)

c0193257_23315375.jpg


写真では見えていないのですが、ケーキ部分の底は、うすいクッキー生地になっていて、そこにチョコレートをぬってから、薄めのスポンジとかぼちゃのムースを二段に重ねた何気に手の込んだ豪華バージョンになっています(汗)。

ケーキの底の部分がクッキーになっているのは、ドイツではよく見かけるケーキパターンですが、Makochannの日ごろの職場での成果が実践された形となりました。

ケーキは長方形に形を作り、切り分けています。

c0193257_05965.jpg


かぼちゃのクリームはお蕎麦状に搾り出せる口金を使って、上面全体に線を描き、少し色粉を加えて、オレンジにしたクリームを飾り用にトッピング。

c0193257_02211.jpg


そしてケーキの上にのっているのがパパ特製かぼちゃチップスです。

c0193257_0104697.jpg


緑のHokkaidoかぼちゃを薄切りにして、油でじっくりと揚げてから、軽く塩をふりかけました。
もちろんこのまま食べてもおいしいです♪

ドイツのかぼちゃは全体的に水っぽいのですが、同じHokkaidoという名前のかぼちゃでも、オレンジ色より緑色の日本と同じ形状のほうが、少しホクホクさがあって良いみたい。

手前側には乾煎りしたアーモンドスライスをふりかけましたが、こちらはかぼちゃの種をかけても良かったなぁ~。

お味は控えめな甘さに仕上がって、9月のメニューにぴったりのパンプキンモンブランでした。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2009-09-23 00:23 | Makochann@Sweet

第二回 おうちカフェ


おうちカフェへようこそ~♪
土曜日は第二回目のおうちカフェを開催しました。

今回、お迎えしたお客様は4組の計8名様。

この日はお外が気持ちの良い秋日和だったので、Tさんご夫妻のテーブルはベランダにセッティングし、お部屋の中は女性同士が気軽におしゃべりを楽しんで頂けるよう、お席を用意しました。

c0193257_3522735.jpg


さて気になる9月のメニューはこちら(笑)。

c0193257_3591968.jpg


くわしくご紹介しますと…

まずはムール貝のチャウダースープとミニバターロール、クランベリーのパンとプレッツェルの手作りパンを添えて
c0193257_355641.jpg


メインのおとなのお子様ランチは…
 きのこのデミグラスソースのハンバーグ
c0193257_356853.jpg

 帆立の柔煮と彩野菜のサラダに一口ピラフ
c0193257_3571359.jpg

 有頭海老と黒鯛の香草焼きと自家製とうもろこし
c0193257_3584127.jpg


海老と黒鯛は炭火で焼いて、ミニトマトやサラダ菜はベランダ菜園が大活躍♪
とうもろこしは実が不揃いではあるけれど、芯まで食べられそうなくらいやらわらかです!

そしてデザートはMakochann@Sweetのパンプキンモンブラン。

c0193257_423822.jpg


かぼちゃはDolmagenのかぼちゃ屋さんで買った緑の大きな北海道を使いました。
いよいよドイツはかぼちゃがおいしい季節の到来ですね。

お給仕をしながら、私もついついおしゃべりに花が咲いてしまうので、なかなか上手にサービスをすることができませんでしたが、「おいしかったです♪」と笑顔の皆さんを見送ることができて、たくさん元気を頂いたおうちカフェでした。

ご来店、ありがとうございました~♪


おうちカフェ
こちらは完全予約制。
ご興味のある方はぜひご一報くださいね。
(連絡先はこちら→Kieko1224@yahoo.co.jp)
くわしいインフォメーションをご案内させて頂きます!


にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2009-09-22 04:21 | おうちカフェ

ギリシャのコーヒー


ギリシャでの滞在はほとんどが船の中だったので、ビュッフェで飲むコーヒーはお替り自由のアメリカン。
これはコーヒー好きの私には全くもって物足りず…(泣)。

街中のカフェのメニューでは、エスプレッソやカプチーノが目立つなか、ノーマルないわゆる普通サイズのカップに入ったコーヒーが飲みたくて、お店の人に何て注文するのかをたずねたところ、返ってきた答えが、「フィルターコーヒー」と言うのですから、思わず納得! どうりでお味が薄いはずです。

しかも最終日のホテルで食事のあとに「フィルターコーヒー」を頼むと、目の前にフィルターがセットされたコーヒーカップとお湯が入ったポットが運ばれてきたものだから、もう大笑い。

c0193257_5445351.jpg


これこそまさに正真正銘のフィルターコーヒーとのご対面に、しばらく笑いが止まりませんでした。

ちなみにフィルターコーヒーの種類の中で、「ネス」というコーヒーは、ネスカフェの粉を溶かしたもの、というのですからさらに笑えます。


一方、カフェにはフラッペというアイスコーヒーがあり、こちらはさっぱりとしたなかなかのお味でした。

見た目は日本のアイスコーヒーとは違い、撹拌した泡が上面を覆っています。

私はお砂糖もミルクも入れないブラック味をチョイスしたのですが、オマケに付いてきた大きなチョコブラウニーのケーキの甘さがコーヒーの苦味をやわらげてくれて、青い空と海、そしてギリシャの暑い陽気も手伝って…うん。満足のいくおいしさです♪


c0193257_55239.jpg



また、テサロニケの街で、トイレを借りに飛び込んだカフェが、偶然にもギリシャコーヒーと呼ばれるエリニコカフェでした。

コーヒーの粉を専用の小さい鍋に入れて、水を入れて沸かして、溶かしただけの非常に粉っぽいコーヒーです。

c0193257_155114.jpg


ザラザラッとした舌触りのコーヒーは、カップの底に粉がたまり、とても最後までは飲みきれません(汗)。

それもそのはず。
ギリシャ人はこの飲み終わった後のカップに沈殿した粉の形で「コーヒー占い」をするのだそうですよ。
一体、どんな占い方なんでしょう???

しかもこちらの店内は、周囲に男性客しかおらず、トランプやおしゃべりに興じている不思議な空間で、後から知ったことですが、エリニコカフェはカフェニオンと呼ばれて男性の社交場なんだとか…。通常は若者や女性を寄せ付けないおじいさん専用の渋いカフェなんだそうです。

c0193257_156171.jpg

       レトロな雰囲気のカウンターが良い味をだしてます。

どうりで最初に入ったカフェは、おじさんが厳しい顔をして入店を拒んだはず…。
そして次に入ったこちらのお店の店員さんがおばさんだったので、きっと快くトイレを貸してくれたのと思うのですが、思いがけず貴重な体験をしてしまったようです。


そんなわけでドイツに帰ってきてから、我が家のコーヒーが一段とおいしく感じたのは言うまでもないこと!
やっぱり私はコーヒー豆を濃い目に抽出してカップの上面に泡が立ったイタリアンスタイルのコーヒーが大好き…とつくづく感じた旅先のコーヒー味でした。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2009-09-18 04:54 | あれこれ

じゃがいもの花


10日間ほどギリシャに滞在し、ドイツに帰って来たら、寒いこと、寒いこと!(笑)

久しぶりにドイツのアウトバーンを走ると、木々は早くも色づき始めて、パラパラっと木の葉は落ちてくるし、どんよりと厚い雲に覆われた空と、ひんやりと肌に感じる冷たい空気が、これからの季節の序章を物語っているようです…。

ベランダ菜園の野菜たちも急に成長を止めてしまったかのようで、なすやピーマン、葉っぱ類もあまり大きくなってはくれません。

その代わり、大根のあとに植えたじゃがいもが、花を咲かせて、私の帰りを待っていてくれました。

c0193257_19264461.jpg


ちょっと可憐な白い花です。

ギリシャでは本当にたくさんのオリーブの大木を目にしましたが、意外にも収穫は11月から12月にかけての冬の時期なんだそうで、まだ実は小さくって固く、どれもうす緑色をしていました。

我が家の小さなオリーブの木も少しばかり実をつけているのですが、すでに寒さを感じているかも知れませんね。そろそろ室内へ移してあげなくっちゃ(汗)。

なんだか急に冬支度…?
もう少し晩夏を楽しみたい気分です。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2009-09-14 19:41 | あれこれ