<   2010年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

銅鍋


銅鍋で小豆を煉ってみました。

c0193257_7493019.jpg


なんだかあんの光沢が、いつもより光っている感じ…(笑)。

だって和菓子職人さんがあんこを炊くときに使用するという銅鍋ですよぉ~。

なのでピカピカっと光る銅鍋はまぶしくって、かねてより使ってみたかったあこがれの道具のひとつだったのでした(汗)。

でもねぇ~。

銅は自然の酸化作用でも変色する性質をもっているため、色が変わりやすく、調理したものを長い間、鍋の中に放置したままだったり、洗い方や使用後の乾燥が不十分だったりすると、緑青の錆びが発生してしまうので、なんだか取り扱いが面倒なのかな?…なんて、いつも手にする機会を逃したままで過ごしてきたのですよ。

それが昨年のクリスマスの時に、ジャムの妖精と言われて有名なフランス・アルザスのクリスティーヌ・フェルベールさんのお店に立ち寄った際、実はお手ごろ価格で理想としていた大きさの銅鍋が売っていたので、ジャムと一緒に購入し、すでに手元に置いておいたままになっていたのです(汗)。

こちらのお店でも、銅鍋を使ってジャムを作りをしているのは有名なお話で、そのことも私が銅鍋にとても魅力を感じてしまうことの所以だったのかも知れませんね。

と言うのも、銅の金属には甘みを増す力があり、熱伝導率が高いために、鍋全体に熱が均一に伝わって、加熱しながら煮詰めていくあんこや飴、カラメル、カスタードクリームやジャム作りに適していると言われているからなんです。

そうそう。私のお菓子作りの師匠であるA先生も使っているし…。

う~ん。やっぱり、とってもプロっぽ~い!

なので本当は小豆を炊くところから、この銅鍋を使ったらよいのでしょうが、そこは時間短縮のために圧力鍋を使い、こしあん風に皮をバーミックスで砕いたあとに、銅鍋に移し変えて、気長に煮詰めていった…というわけなんです。

c0193257_83538.jpg


c0193257_832945.jpg


はい、はい。
これで大変、自己満足です♪ (笑)

もちろん使用後は、お手入れに気を使ったことは言うまでもありません!

完成したあんはさっさとお皿に移し、よ~く洗って、錆び止めにレモンを使い、水滴が一滴も残らないように、きっちりとふいて、乾燥させる…。

正直、これがひと手間だ…(泣)。

でもまぁ、おいしいあんこ作りを目指して、しばらくは銅鍋であん作りに挑戦です。

そこでお教室であんこを見かけたら、すかさず、「これは銅鍋で煉ったのですよね?」と、どうぞ、プレッシャーのエールをお送りくださいませ…(汗)。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-02-26 08:53 | 道具のこと

Makochann@Sweetのチョコレートケーキ


注文販売のチョコレートケーキがこのたびリニューアルいたしました。

c0193257_7404586.jpg


チョコクリームの配合を少し変えて、生地とクリームの間には、チョコチップが入っています。

以前のチョコレートケーキは、チョコクリームをコーティングしたあとで、クリームを落ち着かせるために、かなりの時間を要していたのですが、その問題も無事、解決をして、チョコクリームのお味もさらにおいしくなった、とこれは本人の談…(笑)。

ご試食して頂いた方からは、チョコチップの食感がなかなか新鮮~♪と、評判も上々のようでした。

一方、こちらはモカクリーム味のロールケーキです。

c0193257_7482935.jpg


c0193257_749550.jpg


最近、チョコレートを溶かして上面にかける模様がMakocannの流行りみたい…。

あっ、こちらはシンプルなプレーン生地ですので、生地の中にマジパンは入っておりません(汗)。

チョコレートケーキは18cmと24cmの二種類の大きさをご用意しております。
ご注文をお待ちしております♪


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-02-25 08:01 | Makochann@Sweet

ひじきとドライトマトのライ麦パン


私のオリジナル健康パンです!

c0193257_242194.jpg


これ、すっごいですよぉ~。
ついにパンの中にお水で戻したひじきをそのまま入れちゃいました(笑)。

ひじきはミネラル、食物繊維、鉄分が豊富な健康食品。

以前にも一度、余ったひじきの煮物を、パン生地の中に混ぜ込んで焼いたことがあったのですが、これが案外、相性が悪くないのですよ。

c0193257_6163179.jpg


今回はそれに、ドライトマトをお湯で戻して加え、精神疲労に効くと言われる穀物のアマランサスも加えてみました。

c0193257_2293664.jpg


このアマランスは、時々、お米を炊くときにそのまま一緒に炊いたりしているのですが、ヒユ科の同類の穀物の中では、タンパク質、ミネラル、食物繊維をたくさん含んでいて、栄養価ではナンバー1と言われています。

でも、少し欲張って入れたせいで、食べたあとにプチプチ感が残ってしまったことと、ドライトマトの量が多すぎて、お味がかなりしょっぱかったことがマイナス点…(汗)。

ただこちらの健康パンは、お便秘にはよく効きました。

実は先週は玄米ごはんが食べたい、という主人にお付き合いをして、玄米を主食として食べる日が続いていたために、またまたお通じが滞り気味…。

玄米を食べるとき、どうしても咀嚼の足りない食べ方をしてしまうので、私にはかえって消化がよくないらしいのです。

その点でも、私の体にはやっぱりライ麦パンが一番♪

願わくば腸内はいつもきれいに整えて、血液をサラサラに、慢性の肩こり&便秘そして重症の冷えた体とは、早くおさらばしたいところです。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-02-24 06:20 | パン

ひき肉三種でパパごはん


週末にまとめてド~ンと作っちゃう、今週の我が家の晩ごはんメニューです。

1.6キロの合いびき肉で三種類のおかずができあがりました!

まずはひき肉をキャベツとベーコンで巻いたロールキャベツです。

c0193257_635629.jpg


お味は三男が好きなデミグラスソース仕立て。

と言うのも、もともとはシンプルにコンソメスープで味付けをしていたのですが、これが三男のお口には合わなかったらしく、たいていのお肉料理はガツンと豪快に食べるはずが、何故かロールキャベツの時には食が落ちまして…。

ところがスープをデミグラスソースに変えたとたん、まぁ、食べる、食べる…(笑)。

何がツボにはまったのかしら?
やはり濃厚なソースのお味でしょうか…ね?

c0193257_6152149.jpg


ちなみにロールキャベツの時は、高さ25cmの大きなステンレスのお鍋が大活躍いたします(汗)。

続いてのひき肉料理は、やっぱり定番のハンバーグでしょう。

c0193257_6172340.jpg


こちらのソースは白ワインとトマトソースを合わせて作りました。

そして最後は本格中華の肉団子!

c0193257_630592.jpg


においがねぇ~、
ちゃんと中華料理の肉団子のにおいになってますよ~(笑)。

だって今回は、お肉の下味に紹興酒を使い、甘酢あんにはキムさんで買った中国の黒酢を使っているのですものぉ~。

もちろん、ごま油でしょうがと玉ねぎ、ねぎのみじん切りを炒め、ブイヨンとケチャップ等で味もしっかりと整えました。

こちらは早速、日曜日の夕食のメインだったのですが、減るわ、減るわ…。
我が家の男衆だけで見事な食べっぷり。
食事が終わって、お皿に残ったのは、たったの二個だけ…(汗)。

ひき肉料理は相変わらずの我が家の人気メニューです♪


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-02-23 06:44 | パパごはん

花嫁修業にパン作り


今日は休日を利用して、お店のスタッフのようこちゃんとおけいちゃんと一緒に手捏ね生地を作って、テーブルロール、バターロール、ハムチーズパンそしてソーセージパンを作りました。

c0193257_214632.jpg


ハムと一緒に入れたチーズは溶け出してしまうのですが、焼けたチーズがこれまたおいしいのですよ(汗)。

そして発酵の間に作ったのは、ようこちゃんのリクエストだったスコーンです。

c0193257_2153846.jpg


プレーンな卵&ヨーグルトとココア入りの生地、そして私が作った牛乳入りのレーズンスコーンを試食してもらいました。

お二人は二年間の任期を終えて、もうすぐ帰国しますが、ようこちゃんは5月にはアメリカのシアトルにお嫁に行きます。

向こうでの生活が始まったら、日本のパンが恋しくなるかも…ということで、今日は花嫁修業のパン教室でした(笑)。

スタッフの若い皆さん方は、経験の少ないなか、いきなりレストランという現場でのデビューを飾り、短い任期の中でプロの仕事をこなすまでに成長していくのですから、本当にすごいですよ。

若いって、やっぱり大きな原動力になるのね。
うらやましい~!

ドイツの生活がお二人の人生にとって、素敵な思い出の糧となることを願いつつ、これからの幸せを祈ってます♪


にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-02-22 02:33 | パン

れんこんのきんぴらでパパごはん


なかなか食べる機会は少ないのですが、久しぶりにれんこんのきんぴらが食卓に登場しました。

c0193257_5474742.jpg


シャキシャキっとしていて、とってもおいしい~♪

れんこんは薄切りにして、酢水にとってアクをぬき、ごま油でさっと炒めてから、少量のお酒、お砂糖、お醤油を加えて味付けをし、炒め煮をしながら水分を飛ばして、仕上げに七味とうがらしとゴマをふりかけるのですが…

今回、隠し味に使ったのがこちら。

c0193257_8201750.jpg


わざわざリクエストをして、お砂糖の代わりに、米あめという穀物から作られた水あめを使ってもらいました。

c0193257_8251936.jpg


米あめは糖度が砂糖の40%。

穀物から作られた多糖類なので血糖値が急激に上昇することがなく、体に優しい糖類ということで、マクロビオティックの食事法では、お菓子やお料理の糖分としてよく使われています。

甘さもあっさりとしてまろやかな水あめなので、こんなふうにきんぴらなどに使うと、仕上がりに照りもでて、お料理に旨みを加えてくれるかのよう…。

ちなみにReismalz(米あめ)はBIOショップで購入しています。

そしてきんびらにはやっぱりごはん???

最近は健康に少しずつ気を使うようになった主人も、やっと玄米ごはんを口にするようになってきたので、こんな日は、主人にお付き合いをして、まぁ、たまにはごはんも良いか…と、玄米ごはんを頂いて、私のライ麦パンは久しぶりに定休日となりました(笑)。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-02-19 08:58 | パパごはん

カーニバルのお菓子


珍しく仕事から早く帰って来たMakochannに、「今日は早いねぇ~」と声をかけると、「カーニバルが終わったら、仕事が減っちゃった」とのこと。

実はカーニバル週間の先週は、毎日、本当に忙しそうで、Makochannのパン屋さんでは、一日に平均1600個のベルリナーを揚げ、その他にベルリナーの特別注文が入ったり、同じくカーニバルのお菓子とされるMutzenmandeln(アーモンドの形をしたミニドーナツ)やMutzenblätter(揚げたパイ生地)など、とにかく作るものは、揚げ菓子&揚げ菓子&揚げ菓子のオンパレードだったのだそうです。

今では一年中、パン屋さんに置いているベルリナーですが、本来はカーニバルのお菓子。

c0193257_4513466.jpg


通常はベリー系のジャムが揚げパンの中に入っているのですが、この時期になると、Eierlikoer(たまごのリキュール)を使ったクリームやPfraumenmuss(プラムのムース)入り、興味深いところでは、罰ゲーム用にとマスタード入りなどの特別注文も入るのだそう(笑)。

そしてお店では、パン生地を作り、成形をするまでがパン職人さんのお仕事。
その後の生地揚げから、中味の注入、仕上げのデコレーションはお菓子職人さんのお仕事…と分業で行われています。

ベルリナーは生地を揚げたあとに、横からフィリングを詰めています。

c0193257_545761.jpg


そしてクリスマス頃からカーニバルまでの間に、パン屋さんの店頭に並ぶMutzenmandeln。

c0193257_561423.jpg


こちらは長さ3cmくらいの一口、揚げドーナツなのですが、アーモンドを使った生地なので、想像以上にサクサクっとしていて食べやすく、危険なおいしさです♪

またMutzenblätterのほうは、軽めのクッキーみたい。

c0193257_5123831.jpg


では、どれもこれもカーニバルは揚げたお菓子が多いのは何故でしょう?

どうやら断食前にガツンと食べておこう~!という所以からなんだとか。

またカーニバルが終わると、病院が大変、混むそうで、羽目を外して楽しんだ後には、暴飲暴食をしたお祭り騒ぎのツケがちゃんとやってくるようです。

そう言えば、うちの三男も顔色、悪そうだわぁ~(汗)。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-02-18 05:36 | お菓子

Radio


では問題です。
写真の中にラジオがあります。
さて、どこにあるでしょうか…?

c0193257_544192.jpg


見つかりましたか?

答えは一番、左側の列。一番上の棚の中でした(笑)。

お教室の皆さんには、「あっ、ここから音が聞こえてる~」なんて時々、驚かれるのですが、ちょっとレトロチックな形をしていても、ちゃんとラジオのお仕事をしてくれています。

c0193257_5475441.jpg


でも実際にはそれほど古いものではなく、ドイツへやってきた年に初めて訪れたキルメス(移動遊園地)のLOTTOというクジで、Makochannが当てた特賞品でした。

しかも、まだ誰もドイツ語がわからなかったのに、大当たりのクジを当ててしまった彼は、弱冠、11歳にして舞台に上げられて、顔面蒼白のまま棒立ちになり、誰も彼を助けてあげられなかった…という苦い思い出の品でもあるんですよ(笑)。

そして日ごろは、このラジオからポップな歌が中心の番組、NEWS89.4を流しているのですが、一年に一度だけ、他の放送局にチャンネルを変える日があって、それがWeiberfastnachtと呼ばれるカーニバルが始まる先週の木曜日でした。

この日は朝から歌の内容が、カーニバル関連のVolksliedにガラリと変わり、ドイツ語の歌詞にして、軽快だけれどとっても単調なメロディーの曲ばかりが一日中、流れてきて、申し訳ないけれど、耳障りで聞くに堪えられない…(汗)。

この期間、デュッセルドルフ市内は、仮装をしたドイツ人たちが、カーニバルのお祭り騒ぎで大いに盛り上がるのですが、実はいまだにその習慣に慣れない自分がおります(笑)。

主人はこの時期になると、以前、お店でお相撲さんの着ぐるみを見かけて、散々、迷った挙句に、買わずに先送りにしたところ、それ以後は、その着ぐるみに二度と出会うことができずにいることを、毎年、ものすごく後悔しているのですが、やはりカーニバルは素でいることよりも、思いっきり自分を捨ててなりきることが、自分も周りも楽しめるのかと…。

なにはともあれ、明日の水曜日には、カーニバルが終わり、この日から復活祭前日までは46日間にわたる断食節。

ラジオもいつもの番組内容に戻って、これでまた平常通り、やれやれ…といったところです(笑)。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-02-17 07:02 | 雑貨

第五回 おうちカフェ


昨日の土曜日のお昼は、今年、最初のおうちカフェをOPENしました~♪

2月のメニューはこちらです。

c0193257_4483032.jpg


スープはパイ包みのオニオンスープ。

c0193257_4494487.jpg


スプーンでパイ生地を落としながら、アツアツを頂きます。

c0193257_4504260.jpg


そして今月の大人のお子様ランチ。

c0193257_4522137.jpg


まずはお花畑のサラダです。

c0193257_4531450.jpg


グリーンの葉っぱにアボガドと桜の形に型どった人参と大根、ホタテにスモークサーモン、錦糸玉子を飾り、春のお花畑にイメージし、薄緑色のアボガドとクリームチーズのドレッシングをかけました。

そして魚貝と鶏肉のトマトグラタンは、クリスマスにスフレンハイムで買った器が大活躍。お一人ずつ、色とデザインが違った小さなふた付きの器が、白いお皿の上に並びました。

c0193257_4583827.jpg


メインは「こんなに大きな海老は見たことな~い!」と驚きの大海老のフライ(汗)!

こちらはたっぷりのタルタルソース、またはピリ辛味のカクテルソースをつけて召し上がって頂きました。

c0193257_544544.jpg


ホント、衣の食感を感じないくらい、プリプリっとした大きな海老でしたねぇ~(笑)。

実はこの大きな海老の下に隠れて見えないのですが、海老の後ろには、明太子の桜色をしたミニピラフがのせてあります。

デザートはバレンタインデーを間近に控えていたので、Makochann@Sweetの苺のチョコレートケーキ。

c0193257_582987.jpg


こちらは甘さが控えめなMakochannの自信作です♪

そうそう。忘れてはいけませんよぉ~。
スープと一緒にお出しした私の作った手作りパンがありました(汗)。

c0193257_5103685.jpg


ミニテーブルロールと最近、私がハマッている混ぜて焼くだけのライ麦パン、そしてなぜか、メロンパン?

本来は食事に合わせてパンのメニューも選びたいところなのですが、なぜかメロンパンがとっても作りたくって、焼いちゃいました…(冷汗)。

と、いかがでしたか~?

2月のおうちカフェには三組、9名様のお客様をお迎えしましたが、久しぶりのおうちカフェの開催ということもあり、実は少し緊張気味のスタート。

でも来客の皆様が日ごろからお世話になっているお知り合いの方たちだったり、すでにリピーターのお客様だったこともあって、和やかな雰囲気の中、無事、OPENすることができました。

皆様に感謝です!
ありがとうございました~♪


お料理はパパごはんシェフの担当なので、テーブルセッティングが私の主なお仕事。
メニュープレートやお花をあっちへ向けたり、こっちへ向けたり…と、色々なことを考えながら、並べていくひと時がとっても楽しい私だけの時間です。

c0193257_520288.jpg



余談ながら…
こちらのお写真は、お疲れさま~とひと仕事を終えたあとに、スタッフの皆さんと食べる焼き芋。
近所のマルクトで買ったさつま芋だったのに、甘くって、あっという間に体力を回復してしまいました。

c0193257_5314150.jpg



さておうちカフェの開催日は、通常は毎月、第二土曜日を予定しております。
皆様のお越しを楽しみにお待ちしておりますね~♪


おうちカフェ
こちらは完全予約制。
ご興味のある方はぜひご一報くださいね。
(連絡先はこちら→Kieko1224@yahoo.co.jp)
くわしいインフォメーションをご案内させて頂きます!



にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-02-15 06:06 | おうちカフェ

お教室のクロワッサン


久しぶりにお教室でクロワッサンを作りました♪

c0193257_17461170.jpg


クロワッサンを作るポイントは、とにかく気長に時間をかけてあげる…ということ。

生地を捏ねたあとで、休ませる時間は、できれば一晩。
バターの折り込み作業は、ゆっくりと冷凍庫を使いながら15分刻みで3回休ませる。
折り込み作業が完成した生地は、これまた半日くらい休ませちゃう。
そして、成形後の発酵タイムは常温で1時間以上…。

と正味、二日に分けて仕事をすることで、通常のパンよりも水分量が少なく、叩いて仕上げるクロワッサン生地が裂けることもないし、折り込み作業中にバターが生地からはみ出ることもなく、二等辺三角形に成形する作業も楽にできるうえ、ふわっとした食感に仕上がる…。

というわけで、実はお教室の決められた時間内では、時間が足りない…というのが本音なのですよ。

そこで、昨日のクロワッサンです。

私の個人的理想像は、サクサクっと薄皮がはがれるくらいのクロワッサンなのですが、残念ながら、お教室ではそこまで上手に焼き上げることはできません。

それでもサクッとしたなかに、ふわっ~とした後味の食感が好き…というコメントを頂いて、毎回、救われております。

それなのに、昨日の大失敗はバターにありました!

なんと使用したバターが塩入りだったのですぅ~!!!

c0193257_182938.jpg


お教室でもクロワッサン、クグロフ、ブリオッシュを作るときは、フランス産バターを使う。というのは、私の以前からの強いこだわり。

ところが先週はいつものフランス産無塩バターの在庫がスーパーになかったものですから、他のメーカーのものを購入したんですね。

前にも買ったことのあるバターだったので、何も考えずに手にとって、ずっと疑うこともせずに使用したあとで、パリ在住経験者のOさんにバターをお見せして、初めて「あれっ?」と気がつく始末です(汗)。

せっかくきれいに成形し、素敵に焼きあがったクロワッサンたちだったのに、案の定、食べたあとに、塩気が残るお味に仕上がってしまいました(泣)。

全くもって、面目ないですぅ…。 ごめんなさ~い。

一方、バターシートを折り込む作業で使う生地は、おうちへお持ち帰り頂いているのですが、こちらは間違いなく無塩バターを使っているので、だいじょうぶです!

c0193257_334510.jpg


私の分は全粒粉を加えて、表面に卵をぬらずに焼いたので、まるでBIOのパン屋さんのクロワッサンみたいに焼きあがりました(笑)。

ちなみに、おいしいクロワッサンが作れるように、お教室では通常のメニューのリクエストには入っておりません。
こちらは要・相談後、冬場に作ることを条件とさせて頂いています。
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-02-11 04:19 | パン