<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

いちご狩り


連日、真夏のような日差しが続いていたので、日曜日はお店のシノちゃんとポコちゃんを誘って、念願のいちご狩りを初体験して来ました!

毎年、色々な方から、幼稚園の遠足でおいしいいちごをたくさん摘んできた、というお話を伺っていたので、一度は私も行ってみたかったのです。

c0193257_624912.jpg


そしてラッキーなことに、6月最後の日曜日は、いちご狩りの最終日、ということで、1㎏あたりのいちごが1ユーロという破格なお値段(笑)。

さぁ、がんばってたくさん摘んじゃおう~♪

c0193257_626391.jpg


いちご畑は広いです!

c0193257_6273919.jpg


それでも炎天下の中、あちらこちらでいちごを摘んでいる人たち…(汗)。

c0193257_6281119.jpg


そして、いたるところで、キラキラと光るいちごを発見!

そのたびにお口にポイッと放りこむと、まぁ、甘くておいしいこと~♪
摘み立てのいちごからは、生きたままの優しいエネルギーを丸ごと頂くかのようで、思わず感謝…。

でもそのうちに、実は三つ子ちゃんや五つ子ちゃんの変形いちごが一番、甘いことを発見!

c0193257_635110.jpg


いちごの世界も、見かけだけが全てではないんだわぁ~、と感激…。

c0193257_6363351.jpg


それにしても、小さな背丈の苗から、いちごを摘む作業はなかなか骨の折れる仕事ですよ。
作物を作る農家の方は、収穫もまたひと苦労なんですね。

じゃ~ん! せっせと収穫したいちごたち!

c0193257_639681.jpg


c0193257_705247.jpg


KASSEで重さを量ったら、9キロもありました。
それから入れ物の50gをひいてもらって、お支払いをします。

でも初めてのいちご狩りで学習したこと。

1.容器を大きい物にして、いちごをどんどん重ねて摘んではいけない。

と言うのも、いちごの重さで下のほうのいちごがつぶれてしまうんですよ。
やはり底の浅い容器をいくつかもって、上品に入れるべきでした(汗)。

2.いちご狩りをする前は体を鍛えよう。

ちょっと、がんばり過ぎた主人は、中腰の体勢が腰に良くなかったみたいで、翌日に影響がありました(汗)。

いちご狩りは欲を出さず、ほどほどにどうぞ…。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-06-29 06:57 | おでかけ

Makochann@Sweetのクロワッサン


私がパンを作るせいか、今までパン屋さんで働いているにもかかわらず、パン作りにはあまり興味をもっていなかったMakochannが、ドイツのお菓子パン「プディングプレッツェル」を試作するために、同じ生地のクロワッサン作りに初挑戦しました。

こちらがMakochannのクロワッサンです♪

c0193257_20524964.jpg


今回のクロワッサンは学校の教科書のレシピを参考に作ったようで、折り込みバターの分量はかなり少なめ。
そのため焼成中に生地からバターが溶け出ることはなく、表面はそれなりにサクサク感がありました。

ただイーストの量が多すぎて、中心部分はかなりパンっぽく、塩の量が少なすぎてお味がなかったことが残念。

それでも生地作りからバターの折り込み、成形から焼成までのすべての工程をたったの2時間という短時間で終わらせてしまったことには驚きです!

ちなみに私のクロワッサン。
焼きあがるまでに丸一日、もしくは二日間、かけることもあるんですよ(汗)。

まぁ、バターの折り込み作業を冷蔵庫を使って休ませることもなく、一気に仕上げてしまうあたりは、さすがに現場で粉慣れしている人間のできるワザ…。

それでも発酵の見極め、塩加減、イーストの分量について、質問があったので、「私にクロワッサンのことを語らせたら、2時間はしゃべるよ」と前置きしつつ、ついつい熱い口調で熱弁を奮ってしまったのでした(笑)。

そこで対立してしまう点は、ドイツのバターでは絶対においしいクロワッサンはできない!という私の意見に対して、ドイツの職場で働いている意地からか、しばらくはドイツのバターにこだわって作ってみたいとのこと。

通常のパイ生地もドイツのバターで折り込んで作っているのだから、絶対にできるはず…というのが彼の持論。

でもねぇ~。
バターの風味あるおいしいクロワッサンを作るには、粉に対して折り込みバターの量がかなり多くなるはず。

と言うことは、ドイツのバターでは焼成中にバターが溶け出して、生地の中には収まらず、ベタベタの仕上がりになってしまう…そのことに、彼はまだ気がついていないのですよぉ~。

そんなわけでしばらくはクロワッサンへの挑戦が続きそうな気配…。

もちろん、私も喜んで試食をさせて頂きます!


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-06-23 06:44 | Makochann@Sweet

ワールドカップ談義


サッカーのワールドカップ大会がアフリカで開催されていますが…
皆さんの盛りあがり度はどれくらいにヒートアップしているのでしょうか…?(笑)

ドイツは先週の金曜日に、まさかの敗戦。

試合は午後1時半から中継されて、息子たちの学校では、授業をせずに小ホールに集まって、大きなスクリーンでサッカー観戦…という熱の入れよう…(汗)。

街のカフェやビール屋さんでもテレビ中継が見られる所が多く、恐らくオフィスも早々とFeierabendで、大いに盛り上がっていたようでした。

そして大会期間中、ドイツでは国旗を掲げて走る車を多く見かけます。

c0193257_1828445.jpg


左右対称の位置にきちんと2本の旗が取り付けられていて、こんなところに、几帳面なドイツ人らしさを感じちゃう(笑)。

今回、バックミラーでななく、ドアミラーにドイツの旗模様がついたカバーがよく目に付きましたが、これは新発売の商品ですね。

またおうちの窓から国旗を飾る光景も、よく見かけます。

c0193257_3531694.jpg


c0193257_3544974.jpg


この期間中は、窓に掲げる国旗を見て、どこの国の住民が住んでいるのかがよくわかります(笑)。

そして土曜日のマルクトのたまご屋さんにも、ワールドカップ仕様のゆで卵が置いてありました!

c0193257_3583337.jpg


ちょっと不気味なかわいらしさ、とでも申しましょうか…(汗)。


そうそう。
ワールドカップ談義のついでに…。

時々、ご注文を頂くお誕生日のケーキに、サッカーボウル型で焼くケーキがあるのですが、最近、リニューアルいたしましたのでご報告です。

c0193257_5854100.jpg


以前は焼きっぱなしのココア生地が表面だったのですが、New・サッカーボウルケーキは生クリームの二色使いで表面をデコレーションして、生地の中にはバナナといちごが入った豪華版に変身です。

サッカー観戦で疲れたら、甘いケーキはいかがですか?(笑)

予選から混戦模様が続き、優勝国を予想するのが難しい今大会のワールドカップ。
サッカーにあまりくわしくない私でさえも、ついつい試合の行方が気になる毎日です。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-06-22 05:47 | あれこれ

第9回 おうちカフェ


早いものですねぇ~。
週末にオープンしたおうちカフェももう9回目を数えるほどになりましたよ。

と言うわけで、遅ればせながら、土曜日のおうちカフェのご報告です!

メニューはこちら。

c0193257_1551815.jpg


まずはスープです。

c0193257_15515720.jpg


かぼちゃと粒マスタードのポタージュスープは、季節を先取りしちゃった感じ…?のかぼちゃと豆乳仕立て。
それにモンシャウのマスタードが入りました。
赤い粒こしょうと枝豆がかわいいアクセントになっていますね。

パンはクランベリー入りの食パンとゴマが上面にたっぷりついたゴマパン、クリームチーズをぬって、お花のように成形した三種類のパンを添えました。

c0193257_1557275.jpg


ではメインの大人のお子様ランチをどうぞ~!

c0193257_15581518.jpg


手前の和牛のサーロインステーキはまだ焼いていませんが、こちらの写真はサンプル用に撮影したもの。
実は焼き始めてから、完成したものを写真に撮るつもりが、すっかり撮り忘れてしまい、気がついたときには、おいしいお肉は全部、お腹の中でした…(汗)。

それでもお肉の分量は、お一人分が250gはあるかしら。
まず、炭火で焼く前に、お肉をお見せして、脂身を取るか、取らないかをお聞きしてから、焼いています。

こちらに添えた大根おろしは、今年、ベランダで収穫した初大根です!

c0193257_1622163.jpg


小さくって、形は悪いのですが、辛さは負けてません(笑)。

それから小海老とトマトのソースに細いパスタをからめたスカンピの冷製トマトパスタにパパイヤ、マンゴー、パイナップル、サラダ用ほうれん草やミニトマト、ミニアスパラなどを彩りよくあわせたフルーツのサラダ。
ヨーグルトドレッシングをかけて召し上がって頂きました。

パスタの上のアルミホイルの中には、炭火焼きの残り火を利用して蒸したじゃがいもが入っています。

今回は、ワールドカップの開催直前でしたから、お子様ランチの旗は、全部、ドイツで統一しましたよ(笑)。

それからMakochannのデザートは、メロンのショートケーキと一口フルーツタルトです。

c0193257_16103928.jpg



実は6月のオーブン日ということで、お部屋の中が暑くなるかなぁ~と心配していたのですが、午前中は雨模様で気温が思ったよりも上がらず、かえって気持ちの良いおうちカフェ日和となりました。

テーブルの上に飾ったお花も、すべてお庭やベランダから摘むことができて、うれしい季節です。

c0193257_16163677.jpg


と言うのも、前日まで東京に滞在していたので、ドイツへ戻ってきてから、緑のありがたさをしみじみと感じました。
普段はあまり気がつくことがないけれど、当たり前に存在する木々や葉、花などから、私たちは自然のエネルギーをたくさん頂いているみたい…♪

そしておうちカフェへお越し頂いた皆様。
ご来店、ありがとうございました~!


にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-06-18 16:41 | おうちカフェ

りょう君のフランスパン


土曜日の午後に、とってもうれしいプレゼントがありました!

りょう君が焼き立てのフランスパンをわざわざ届けに来てくれたのです。

c0193257_6205028.jpg


オーブンペーパーの上には、うれしいメッセージが…♪

c0193257_4342696.jpg


「おまたせしました、フランスパンです」なんて、涙が出ちゃうくらい感激。

と言うのも、りょう君は高校生でありながら、ドイツのパン屋さんで実習をした経験からパン作りに目覚めて、おうちでもパンを焼いているのですよ。

しかも実習の時の経験と試行錯誤を繰り返してのパン作りは、ハード系のドイツパンが中心。

以前、お母様のお付き合いでお教室に来てくれた時、りょう君がとても楽しそうにパン作りのお話をしてくれて、その時の実直な彼の目の輝きがとても印象に残り、私は一目でファンになってしまいました(笑)。

そんなりょう君のフランスパン。
とっても上手に焼けていますよ~!

c0193257_4521848.jpg


クープが思うようにいかなかった…と言っていたけれど、粉と塩、イーストとお水だけで作るフランスパンは本格的な上級者のパン。

それが焼き色もしっかりとついて、外側はパリッとして、中の生地はふわっふわっのやわらかさです。

もう、りょう君の愛情が伝わってくる感じ…。
とってもおいしいです!

実は先日、ご紹介したバゲットを焼く型のBagett-Backblechをりょう君宅とお揃いで買ったのですが、その時のお約束がこのフランスパンのプレゼントだったのです。

それにちょうど前日まで日本に滞在をしていて、ドイツのパンがとっても恋しい矢先でした。

あ~、し・あ・わ・せ♪

今後のりょう君のパン作りに、大いに期待を抱きながら、おいしく完食です。
ごちそうさまでした~!


にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-06-15 06:01 | パン

日本にいます。


先週から、日本へ一時帰国をしており、今は東京に滞在中...。
もうすぐ梅雨の季節を迎えようとしている日本ですが、思った以上にさわやかで、過ごしやすいです。

昨日は友人に付き合ってもらって、東京駅近くにあるフランスバターの専門店「エシレ」で、クロワッサンを買って来ました(汗)。

30分以上も並んだんですよ。
エシレ人気はすごいですねぇ~。

でも滞在先の次男のパソコンでは、どうも、うまく写真がUPできないのです。
なので、エシレの報告はまた後日、あらためて…。
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-06-09 08:33 | あれこれ

粉砂糖のチョーク


これは優れものです!

c0193257_14365688.jpg


写真でご覧のとおり、粉砂糖がチョークになってるの。

ケーキをお出しするときに、よく粉砂糖をふりかけて、最後の仕上げをするのですが、箱入りの粉砂糖からスプーンで砂糖をすくって、茶漉しでふりかける…という作業が、なんとこの一本でOK!

袋から粉砂糖を取り出さずに、茶漉しにかけられるので、手は汚れないし、まぁ、なんてお手軽でかんたん~♪

粉砂糖は食べる直前にふりかけないと、ケーキの生地に浸透してしまって、時間の経過とともに、跡形もなく消えてしまうんですよね(汗)。

そういう意味でも画期的な粉砂糖チョークです。

ちなみに星型とハート型の模様をつける型もついていました。

でもくれぐれも取り扱いには気をつけて…。
湿気てしまう心配はないのですが、チョークのように棒状でかたいですから落とすと割れます(笑)。

先日、「これすごいでしょう~!」なんて自慢していたら、手がすべって袋ごと床へゴツン。
見事に真っ二つに割れてしまったので、使いやすさが半減してしまいました(泣)。

なので実物を写真に撮るのはばかれます。
うっ、残念…。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-06-01 14:35 | 材料のこと