<   2010年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

撮影二日目


今日は基本の生地でテーブルロールパンと、リッチな手捏ね生地で、17種類のパンを作りました。

写真用に捏ねた生地は、200gで1回と250gで3回、成形用にさらにもう1回。

ハートのハムパンが思うようにいかなかったり、急遽、メロンパンのクッキー生地を作ったり…と、予定外のこともたくさんありましたが、それでも撮影は順調に進んで、二日で予定のパンはすべて写真を撮り終えることができました。

c0193257_4351387.jpg


本当は写真撮影をしているところを、逆撮影…と思っていたのですが、とってもそんな余裕がなくって…(汗)。

明日は街の取材と材料の撮影、そして週末はMakochannのケーキ類とパパごはんを撮る予定です。

とりあえずパンが終わったので、気持ちが少し落ち着いたところ…。(笑)

それにしても四日間にわたり、撮影のためにお手伝いを頂いたTさん、Uさん、Hさん。
本当に惜しみないご協力をありがとうございました~!

皆さんには、狭いキッチン内をそれぞれがうまく立ち回ってくださって、いつでもパン作りがしやすいようにご配慮頂きました。

連日の大変なお仕事だったにもかかわらず、最後に「楽しかったです♪」とおっしゃって頂いたことが、なによりもうれしかったです。

お疲れさまでした~♪



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-07-30 05:13 | パン

撮影初日


今日一日で、なんと、21種類のパンの撮影が行われました~。

すごいです!
さすが、手馴れていらっしゃる。

光の加減や色の調整、レンズに写る少しの影をも見逃さず、「カシャン」とシャッターが下りる音を聞くたびに、わくわくしちゃう…(笑)。

パンたちが優しい光の中で、主役を演じている姿がちょっと誇らしげで、うれしくなります。

どんな写真ができあがるのでしょう~♪
今からとっても楽しみです。

一方、裏方作業は大忙し。

c0193257_432178.jpg


日ごろは2本しかない不器用な手が、6本の強力なパワーに助けられて、お仕事がとってもスムーズに進んでいきます。

c0193257_4354263.jpg


これぞ、抜群のチームワーク!
ただただ、感謝です。

そして、明日の仕事の予定表をキッチン近くに貼りだして…

c0193257_4443291.jpg


いよいよパンの撮影は細かい成形場面に入ります。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-07-29 04:46 | パン

撮影準備


思いがけずアップオン編集社さんからお声がけを頂いて、12月中旬にお教室のパンの本を創る機会を頂きました♪

明日からいよいよパンの写真撮影が行われるので、昨日から少しずつ準備を始めています。

こちらはオーブンサンド用に焼いたParty-Brotchen。

c0193257_5132469.jpg


明日は真横に半分に切って、何をはさみましょう~?(笑)

チーズやハム、ジャムやはちみつのペースト類をぬっても良さそうですね…。

こちらは撮影を前にして待機している一部のパンたちです。

c0193257_5421125.jpg


まだまだ他にもたくさん、出番を待っているんですよ…。

撮影用に素敵なリネンの布もたくさんお借りしました。

c0193257_534550.jpg


トレイやお皿もどんなふうに生かされるかな…?

c0193257_519962.jpg


明日からの撮影が楽しみです♪


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-07-28 05:43 | パン

Sichiliana-Brot


オレンジ色がキュートな新作パンです!

c0193257_345111.jpg


お水の代わりにトマトホール缶を加えて、フォカッチャのように焼きました。

そして生地の中には、シチリア風パスタを作るときの乾燥ミックス野菜を入れてみたのですよ。

乾燥ミックス野菜とは正しい名称ではありませんが、参考までに写真はおうちでよく使うスパゲッティ・アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノの基。

c0193257_352693.jpg


茹でたパスタにからめるだけで、辛くておいしいパスタがすぐに作れるので、無精者の私でもこれならすぐに作れちゃうの…(汗)。

今日使ったのは、Rigatoni alla Sicilianaという名前がついていました。

c0193257_3542490.jpg


通常は筒状のパスタに炒めたトマトと一緒にからめて食べるようですが、最初からパン生地の中に入れて使おうと思って買ったので、わざと、とうがらしが少なそうなものを選んでみたのです。

乾燥野菜の中味は、なす、ズッキーニ、にんにく、パプリカ、パセリ、トマト、バジル、黒オリーブ、塩。

しかもパンに混じると、この乾燥オリーブがとってもおいしいの♪

お教室の皆さんと一緒に試食して、「辛い!」と叫んだ人と、「辛くない…」という冷静な人に分かれたのは、赤い野菜のパプリカとトマトのどちらを偶然、口にしたか…の違いだったのですねぇ~(笑)。

それでも全体的にまずまずの良い評価を頂きました。

私個人的には、オリーブ油と乾燥野菜の相性なのか、なんだかチーズのようなまったり感さえ感じてしまったのですが、これはなかなか使える乾燥野菜です!


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-07-24 04:21 | パン

お豆腐


ドイツに来たばかりの頃は、お豆腐というと、森永のパック豆腐というのがありまして…、常温保存で紙パックの中にお豆腐が入っている、というのをよく使っていました。

当時、ドイツに長く滞在されていた方々は、そのまま冷奴にして食べる…なんておっしゃっていましたが、私はそのままで食べるのが苦手で、もっぱらお味噌汁のお豆腐や麻婆豆腐などの調理用に使っていました。

そんな森永のパック豆腐は、日本のスーパーでは見たことがありませんでしたので、今にして思うと、海外向けのブランドだったのでしょう…。

そして昨日、写真をUPしたみたらしだんごには、もち粉にお豆腐を混ぜて作りますので、以前は必ず、絹ごしタイプの森永パック豆腐・赤箱を使用していたのですが、今はやっと、おいしいお豆腐がBIOのお店で買えるようになりました。

こちらが絹ごし豆腐。

c0193257_6272499.jpg


出始めの頃は、時々、しっかりと固まっていないお豆腐にあたることもあったのですが、最近はすっかり品質も安定して、このまま冷奴にして食べても、ばっちりおいしいのです♪

それから木綿豆腐もあります。

c0193257_6293857.jpg


ちょっと焼き色のついていない焼き豆腐みたいでしょう?(笑)
見た目の通りかたいんです。

それでも私は絹よりもかたい食感が好きなので、こちらも冷奴にしてよく食べます。

もちろん調理にはこちらがオススメですよ。
絹ごし豆腐では少しやわらかすぎてしまうので…。

どちらもBIOの製品としては有名ブランドのdemeterの商品。
基準が厳しいことでも知られているので、かなり信用できる会社だと思っています。

そしてこちらは小さい規格の絹ごし豆腐。

c0193257_6341195.jpg


一人分の食べきりサイズとしては、ちょうど良い大きさですね。

ドイツでもおいしいお豆腐が食べられるようになりました~♪


にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-07-23 06:43 | 材料のこと

デザートの器


何気にみたらしだんごをのせてみたら、あら、ちょっと素敵…なんて思ってしまったのですが…。

c0193257_2524878.jpg


この器はアイスクリームをのせるデザート用に、以前、主人が作ったものなんです。

c0193257_2534010.jpg


器のちょっと変形した曲線も魅力的だけれど、光沢もなかなか良い感じ。

失礼して後ろ向きにひっくり返すと、高台部分もしっかりした作りになっています。

c0193257_2561556.jpg


なぜか、アイスクリームをのせる器にこだわって、本当は、同じものをたくさん作り、おうちカフェで使おう、なんて意気込んでいたのですが、その後はぱったり…。

で、後に続く作品は、今のところ生まれておりません(笑)。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-07-22 03:08 | あれこれ

はちみつロールパン


はちみつバターをたっぷりとぬって焼いた「はちみつロールパン」です。

c0193257_405099.jpg


以前と少し成形を変えて、ひとつのマフィン型に2つの生地を入れて焼きました。

成形はとってもかんたん♪

四角く伸ばした生地にはちみつバターをぬり、手前からくるくると巻いて、端っこから切り分けて並べただけ。

c0193257_435085.jpg


お教室では、同じように成形をして、マフィン型に生地をひとつずつ入れて焼く「シナモンロールパン」を同時進行で作るのですが、こちらは断面の切り口を見て、思わずびっくり!

c0193257_451226.jpg


これは、シナモンがばっちり入ってる!!!

さすが濃厚タイプのシナモンバターだけあるわぁ~。

お教室の皆さんと作るときは、我が家の分は、シナモンロールパンは作らないので、今まで断面を見る機会がありませんでした。

シナモンが苦手な私には、茶色い部分が多すぎて想像もできませんが、シナモン好きな方にはこれがたまらないおいしさなのだそうです…(汗)。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-07-21 04:15 | パン

ホームベーカリーで焼いたココアパン


やっぱりナショナルはすごい。
とあらためて感じたのは、ホームベーカリーで焼く食パンのこと…(汗)。

c0193257_095743.jpg


お教室で器械捏ねをしているココア五つ編みパンの生地の材料を、HBの釜に投入して、食パンの標準コースで焼いてみたのですよ。

ご覧のとおり、お釜から3cmくらい大きく膨れ上がりました!

でも…ぉ、実際は

日本とドイツの材料気候の違い。
ホームベーカリーの温度と時間設定が変えられない。

という諸事情により、日本で焼いていたようなふんわりとした食パンは、ドイツではなかなか焼けません。

なので、これだけ膨らめば良いかな…と、妥協するしかないんです。

しかも、断面はかなり気泡が多く入ってしまいましたが、これも、いたし方ないこと。

それにしても食パンの焼きあがるまでの時間が、4時間というのは長いですねぇ~。(汗)

今回は友人宅の器械を使わせてもらったのですが、まず材料をセットして、焼き上がり時間を見ると、それから4時間後という表示…!

思わず、「時間はだいじょうぶ?」なんて心配になったのですが、途中はすっかりパン焼き器のことも忘れて、おしゃべりに夢中になり、むしろ足りないくらいでした。(笑)

主人や息子たちからは、「お母さんはよくしゃべることがあるねぇ~」と日ごろから感心? いえ呆れられることが多いのですが、これも特技のひとつに入るのでしょうか…?





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-07-20 00:58 | パン

Konigsberger Klops


土曜日の夕方は、久しぶりにドイツ人の友人宅で夕食をごちそうになりました。

お誘いを頂いたときに、「ご主人は何か食べたいドイツの料理がある?」と聞かれ、「う~ん、私たちってあまりドイツ料理をくわしく知らないの」と答えていた私。

そんな彼女が用意してくれたのが、「Konigsberger Klops」というドイツ料理でした。

c0193257_18554313.jpg


合いびき肉を肉団子にして茹でてから、バターとコンソメスープ、卵黄、ケッパーで作ったソースにからめて頂きます。

ソースに混じった緑色の粒がケッパーのつぼみを酢漬けにしたもの。

原産は地中海沿岸で、独特の風味と酸味を持っていますが、ソースに混ぜると、それほど存在を主張することもなく、歯ざわりも悪くありません。

そしてこのソースは茹でたじゃがいもにも良く合いました。

しかもこのじゃがいの茹で加減が、さすが、ドイツ人!と思わせる絶妙なかたさ。

こちらの家庭では、夕食の主食はじゃがいもが多い、というだけあって、まるでおいしく炊けたご飯のようです。(笑)

これにサラダがついて、デザートには生クリーム添えのアイスクリームを頂きました。

c0193257_19104331.jpg

c0193257_19115718.jpg


このお料理の名前のKonigsbergerは、戦前、ドイツ領だったポーランドの地名で、Klopsとは肉団子のこと。

ドイツのレストランでも食べることができるそうですが、友人の作った家庭料理は、日ごろから肉団子系が大好きな主人も大喜びの申し分のないお味でした。

そして私がこのお料理の作り方を必ず質問してくると思っていたのでしょう。
テーブルの上には、お料理のレシピのコピーとケッパーの瓶詰めがお土産として用意してあったのですよ。

感激~♪

そんな彼女は編み物やソーイングなど、手作りをするのが得意で、お教室においている鍋つかみなどの販売をしているのですが、今回、私が気に入って買ってきたのが、こちら。

c0193257_561966.jpg


着物のはぎれを使って作った布バックです。
しかもリバーシブル。

c0193257_574189.jpg


私も彼女に習って、靴下作りに挑戦したことがあるのですが、もう何年も冬を越しちゃって、完成はいつのことやら…(汗)。

そんな彼女とご主人様とのおしゃべりは、夏の夕暮れ時の風がとっても気持ちの良いひと時でした。

c0193257_4535864.jpg


Herzlichen Dank fur deine Einladung♪



にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-07-19 05:16 | あれこれ

Makochann@Sweetのみかんプリン


このところ竜巻のような突風が吹いたり、雷がなったり…と不安定なお天気が続きますが、朝晩の気温は少し下がって、一時の猛暑は峠を越したかな…と思いつつも、最上階にあるお教室の昼間の温度計は、相変わらず30度近くまで数字があがります(汗)。

ここしばらくはパンの手捏ね生地を、器械で捏ねさせて頂いているのですが、こんな時のお茶の時間は、やっぱり清涼感ある冷たいデザートがうれしいですね♪

こちらはMakochann@Sweetのみかんプリンです。

c0193257_621111.jpg


100%のオレンジジュースと牛乳をゼラチンで固めました。
とっても簡単なので、ぜひ作ってみてください。


みかんプリン
(材料)
オレンジジュース100%……400㏄
牛乳……500㏄
グラニュー糖……50g~
 (※オレンジジュースの甘さを見て、加減してください)
粉ゼラチン……9g
グランマニエ……大さじ1
レモン汁……大さじ1
トッピング用みかんの缶詰……適宜

(作り方)
① 粉ゼラチンをグランマニエとレモン汁にふりいれてふやかしておきます。
② オレンジジュースと牛乳を温め、グラニュー糖を溶かします。
③ プリン液をお玉ですくい、ふやかしたゼラチンと混ぜ合わせます。
④ ③を②に加えて、全体をよく混ぜ合わせます。
⑤ お好きな器によそり、冷蔵庫で冷やします。
⑥ 固まったら、上面にみかんの缶詰をトッピングします。または
  プリン液の中に加えてもおいしいです。

c0193257_6291778.jpg



グランマニエのお酒はラム酒でもOK!
冷たいデザートはお酒を加えることで、香りを引き立てるのだそうです。


さて、明日の土曜日からライン河沿いに出現した大きな移動遊園地が、9日間ほどオーブンしますが、この夏の風物詩・Kirmesが終わると、いつも秋風を感じて、夏が終わるなぁ~という気がするのですよ。

あ~、なんだか焦るわぁ~(汗)。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-07-17 06:43 | Makochann@Sweet