<   2010年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

じゃがいもの収穫


今年の5月に植えたじゃがいもを収穫しました。

  植えたときの様子はこちら→ベランダ菜園

最近はめっきり涼しくなって、雨の降る日の多いデュッセルドルフです。
そんな陽気のせいか、昨年は長い期間、楽しめたミニトマトも、今年はなかなか色づかないし、7月の暑い期間中は大きく成長しようとしていたシソも、この寒さで成長が止まってしまったかのよう…。(涙)

そこで、土の中のじゃがいもはどうなっているのかが気になるところでしたが、大きく育った葉っぱを引っ張りだすと、小ぶりなじゃがいもが6個だけ、収穫できました。

さてどうやって食べようか…と、あれこれ考えたのですが、やっぱりシンプルに蒸して塩をふって食べることに…。

c0193257_4112245.jpg


小さいじゃがいもの実でしたが、お味はしっかりとじゃがいもです!

夏の期間は水やりだけで、放っておいたじゃがいもでしたが、土の中ではちゃんと成長してくれていたのですねぇ~。

ホクホクさも市販のじゃがいもには負けておりません。

もう少し大きくなってから収穫してあげれば良かったかなぁ~と思いつつ、大満足なじゃがいもの収穫でした♪



にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-09-29 04:29 | あれこれ

Heinemannのマロングラッセ


秋ですねぇ~。
季節限定のお菓子、マロングラッセの登場です。

c0193257_5201869.jpg


こちらのお菓子は、デュッセルドルフのチョコレート&ケーキ屋さんとして有名なHeinemannの商品です。

チョコレートの中にお酒のシャンパンが入ったシャンパントリュフが人気のお店。

マロングラッセは、少し洋酒の香りがするけれど、甘さも控えめで、ねっとりとした栗の自然なお味が感じられて、秋の香りが漂うようです。

これはお抹茶の和菓子としてもいけそうですよ。

c0193257_5273390.jpg


気がついたら貴重なマロングラッセを、なんと3個もペロリと平らげておりました。(汗)

あ~、食欲の秋ですねぇ~。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-09-28 05:31 | お菓子

Makochann@Sweetのシャルロット


チョコレート生地で作ったMakochannのシャルロットです。

c0193257_1449470.jpg


少し変わった形をしているのですが、意外に手が込んでいるのですよ。

まずは薄く焼いたチョコレート生地に、アプリコットのジャムをぬって、ロールケーキを作ります。
これを細くきって、マフィン型の底、側面におきます。
そのくぼみには、チョコレートクリームを入れます。
上面にビスケット生地でふたをします。
冷蔵庫で冷まします。

こうしてかためた小さなシャルロットは、逆さまにすると、ビスケット生地が下にきて、花びらのような形のケーキにできあがるというわけです。(汗)

シャルロットと聞くと、周りにビスキュイ生地を張り巡らして、フルーツがのった姿を思い浮かべるのですが、そもそもは、女性の帽子に見立てたお菓子なのだとか…。
それには、生地で覆う、という意味もあるのだそうです。

お味もなかなか好評でした♪

今度は白い生地のシャルロットにすると、見た目がもっときれいに見えるかも知れませんね~。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-09-24 15:00 | Makochann@Sweet

ロンドンのスコーン


先週の金曜日の夕方にロンドンに入り、週末は裏千家・ロンドン出張所の特別講習会に出席し、月曜日の早朝の飛行機でデュッセルドルフに戻ってきました。

今回の講習会は、お家元から派遣された先生によるお稽古で、大変、貴重なとっても良い経験をさせて頂くことができました。

c0193257_210710.jpg


こちらはホテルの会場に設置されたお稽古場。

連日にわたり、朝10時からお昼の休憩をはさんで夕方の6時近くまで、講習会はとっても充実した内容でした。

先生のお話の中で、数々の言葉が耳に残りましたが、特に印象に残ったのは、「お茶のお稽古は死んでからも続く…」というお話。

本当に本当に奥が深い世界であることは周知のとおりですが、ひとつひとつの所作が、ホント、人生修行と同じです。

何度も何度も間違いを繰り返し、行きつ戻りつ、少しずつ前へ進む。

こうしてお茶の形、いえいえ、人としての道が続いていくのかな…。

これはますます精進していかなければ!と、想いだけは熱く燃えてしまう私なのでした。(汗)

さてさて、そんなわけで、せっかくのロンドン滞在は、観光もできず、往復の移動は真っ暗な中だったので、夕食時に滞在先のホテルのグリニッジ展望台の近くをぶらりぶらりとしただけ。

それでもカフェの店先でスコーンを見つけて、早速、お味見です♪

c0193257_2365669.jpg


何もつけずに冷たいままのスコーンをそのまま食べたのですが、思ったよりもしっとりとしていて、うん。いい感じ。

しかも、ほんのりとした甘さの中に塩気もしっかりと感じました。

次回はぜひアフターヌーン・ティーで頂きたいスコーンです!

短い滞在の中で受けたロンドンの印象は、人も風景も一度に好きになっちゃった感じ…。(笑)
今度はもう少し、英語を勉強して行こう。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-09-21 03:09 | お菓子

パンの完成


昨日のわさび茶漬けのもとを入れて焼いたわさび茶漬けパン。

一日経って、お教室の皆さんに召しがって頂いたところ、これが思わぬ大好評でした。(汗)

c0193257_13482320.jpg


時間の経過とともに、すべての材料のハーモニーが整って、これがまさに「完成品」。

焼きたてを食べたときは、芳しいわさびの香りを放っていた生地ですが、昨日はわさびの風味などどこへ行ってしまったのやら、まるっきり香りは飛んでしまっていて、その代わり、磯の香りがぐ~んと引き立って、安定したお味に変化していたのです。

これには「ふりかけシリーズは、熱々ごはんで食べたい♪」と言っていたAさんも、かなり納得した様子。(笑)

味がしっかりとついているので、このまま食べてもお惣菜パン風として、忙しい朝食時にはかなり活躍できそうですよ。

だって、お茶漬けごはんにするよりも、手間もないし、熱くないから、一口でそのままパクリと食べられちゃう!

通常、パンの完成は、小さなパンの場合には、焼成後、30分後…といわれているのですが、その理由は、オーブンからだしたばかりのパンは、まだ中の材料がぐるぐると周っていて、味が安定せず、発酵食品のイーストも落ち着かない、と言われているからです。

なので大きなパンやじっくりと発酵させたもの、長時間、焼いたパンについては、さらに完成が遅くなり、ドイツのパン屋さんに並んでいるライ麦パンや田舎パンたちは、実は焼きたてを味わうパンではない。ということがよくわかります。

それにしてもこのわさび茶漬けパンでは、パンの完成時についてかなり納得できる良い体験となりました。

お教室では焼きたてパンの試食を味わって、のちほどおうちで食べたときとのパンのお味の違いについても感じて頂けると、パン作りがますます楽しくなりそうですね。

ちなみにお茶漬けのもとのわさびの香りは、ただの一過性のものに過ぎなかったんだわ~ぁ。(汗)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-09-17 14:14 | パン

わさび茶漬けパン


パンの中にお茶漬けのもとを入れちゃいました。(汗)

c0193257_14502873.jpg


こちらはわさび茶漬けのもとだったので、わさびの香りがいっぱいです。

切り口はほんのり緑色をしているのですよ。

c0193257_14514071.jpg


パンの中に投入したのはこちら。

c0193257_1453030.jpg


野沢菜やわさび茎、みつばなども入っているようですが、もちろんどれがどれだか、まるっきりわかりません。(笑)

塩気がきつくなったら嫌だと思ったので、あえて塩は加えなかったのですが、それでもパンには独特の塩気があります。

それに一緒に焼いたわかめと白ゴマのパンに比べると、こんがりと焼き色がしっかりとついています。
これは原材料のカラメル色素のせいかしら…。

c0193257_1456390.jpg



このパンはただ、もう一度食べたいとは強く思えないかも知れないけれど、食べてみたら、へぇ~という感じ。

でもわさびの香りを楽しみたい方は、ず~とパンのにおいをかいでいると、幸せになれるかも…。(汗)

そう。
以前より、一度、ふりかけシリーズをパンに加えてみたいという構想をお教室でつぶやいていたのですが、「ふりかけは、やっぱり熱々の白いご飯にかけて食べたい!」という意見が大多数でした。

やっぱりねぇ~。
ごはん党の方には考えられない発想なのかも知れません。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-09-16 15:06 | パン

Makochann@Sweetのクッキー詰め合わせ


お世話になったFさんから特別注文が入り、Makochannが作ったクッキーの詰め合わせが完成しました~!

c0193257_14352826.jpg


どれもドイツっぽいのですが、一番上の左側にあるチョコクッキーはアメリカ風のカントリーマアムのような食感です。

今、パン屋さんではアメリカ風のお菓子が流行っているのだそうですよ。

何でいまさら? という気がするのですが、いずれにしても甘くて大きい、というイメージは重なりますね。(汗)

Fさんには公私ともに、また息子たちも大変、お世話になりました。
本当にありがとうございました~♪


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-09-15 14:42 | Makochann@Sweet

朝の天気


朝、7時の東の空です。

c0193257_146588.jpg


今日の天気は、一日、曇りの予報ですが、厚い雲に覆われて、なんだか今にも雨が降りそう。

最近は、めっくり朝が暗くなりました。
お天気が良くない日は、余計に朝の暗さを感じてしまいます。

夜も早い!
あっという間に暗くなってきて、気が早い話だけれど、「冬が来るなぁ~」とちょっと心悲しい気分にさせます。

日中の気温も15度前後と、過ごしやすいですが、朝晩は冷えてます。

もう冬支度?

もう少し秋を楽しみたいなぁ~。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-09-14 14:18 | あれこれ

休日の朝のLe Pain Quotidien


クロワッサンの試作を続けているMakochannに、やっぱりベルギー系のクロワッサンを食べさせなくっちゃ! と勝手に理由をつけて、久しぶりに日曜日の朝は、CalsplatzにあるLe Pain Quotidien(ル・パン・コティディアン)に出かけてきました。

やっぱりこちらのお店の雰囲気が好き…。

一階の奥はとくにお日様の明かりが入らないので、まるで洞窟の中にいるみたいです。

c0193257_15181215.jpg


そして入り口の向こうに見える明かりが、まるでひと筋の希望を感じさせてくれるかのよう…。(笑)

c0193257_15213357.jpg


それにしても、朝の店内はガラガラでした。

通りをはさんだ向こう側にある「BASTIANs」は相変わらず、外の席までいっぱいなのにねぇ~。
やっぱりコティディアンは、お値段が高いのでしょうか。

でもおかげさまで、人のいない広い空間を堪能させて頂きました!

ところで…
肝心のお持ち帰りしたクロワッサンですが、

c0193257_15255530.jpg


毎回、食感が違うのです。
こんなに違いがあってよいのでしょうか???

クロワッサンがデリケートなことは認めるけれど、生地は器械で作っているはず…。

もしご興味があったら、以前の写真と比べてみてね。

ちなみにお店にはかわいいマカロンもおいてありました。

c0193257_15292124.jpg


デュッセルドルフのアルトシュタット界隈では、すっかり定着したマカロンです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-09-13 15:39 | あれこれ

Makochann@Sweetのもうすぐ完成クロワッサン


わぉ~ぉ♪
おいしそうなクロワッサンが焼けてます。

c0193257_14122482.jpg


相変わらず夜勤続きのMakochannですが、まぁ、よく作ること。(笑)

それにしても今回は前回よりもかなり生地が良い感じ。

c0193257_14134297.jpg


サクサク度はそのままにパンのしっとり感が加わっています。

どうやら水分を多めに加えたことが功を奏したみたい。

c0193257_14151167.jpg


切り口も悪くないですなぁ~。フムフム。

でもね。
唯一の失敗がこれ。

c0193257_14161971.jpg


後ろが真っ黒け。

だから前にも言ったのよ。
バター生地は後ろ側が焦げやすいから、天板二枚で焼くのがベストって。

親の言うことなんて、まるっきり聞いていないわけ~。(笑)

でもこれで完成が近づいてきた予感がします。

おいしいクロワッサンが食べれるって、幸せだわぁ~♪


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-09-12 14:26 | Makochann@Sweet