<   2011年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Makochann@Sweetのプラリネ


4月の終わりから二週間ほど、お菓子職人修行中のMakochannは、職場と学校を離れて、ドイツのパティシエのもとで特別講習を受講する機会に恵まれました。

ここでは日ごろ、ドイツのパン屋さんでは作らない手のこんだ細工菓子やチョコレート菓子、バウムクーヘンなどを教わったようで、かなり充実した時間を過ごしたようです。

それから家でも、何度かテンパリングに挑戦して、おいしいひと口チョコレートのプラリネを製作しています。

c0193257_415344.jpg


5月は気温が高かったせいもあって、チョコレートを溶かす作業はなかなか大変だったよう。
おうちでは何度も、「溶かしたチョコレートにスジができた、失敗だ!」と言うものですから、「温度計を使えば良いんじゃない?」と声をかけたところ、「プロは温度計を使わない」とひと言。(汗)

職人さんは五感をフルに使って作業をする。
つまりは経験が大切なんですね…。

c0193257_465036.jpg


こちらは私も大好きなクッキーサンドのチョコレート。
食べ始めると止まりません。(笑)

そしてドイツのチョコレート菓子ということもあって、時にはマジパンが入っていたりすることもあるのですが、大事なのは一つのチョコレートの大きさです。

これがひと口サイズであることに意義がある。
あ~、おいしい♪ と思えるのは、小さくて幸せなんです。
そうすれば嫌いなマジパンだって、主張をせずにチョコレートと調和してくれます。

c0193257_413091.jpg


講師のシェフからは、「できるだけ早くパン屋さんのお菓子部門から離れて、パティシエのいる専門店で修行をしたほうが良い」と勧められたのだとか。

ドイツのパン屋さんで作るお菓子は焼きっぱなしの素朴なものが多く、こうした細かい作業をするお菓子を作る機会がないため、現状に満足してしまう前に広い世界へ飛び出したほうが良い、というアドバイスを頂いたようです。

母としては近いうちにそんな職場と出会えると良いなぁ~と願ってます♪



にほんブログ村 海外生活ブログへ


☆レシピ本のお知らせ☆
12月15日に日本でお教室のレシピ本が発売されました!

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社


デュッセルドルフでご購入ご希望の方は、くわしいご案内を送りますので、件名に「レシピ本」と記入のうえ、こちらのメルアドへお問い合わせください。
ドイツ国内、近隣国への郵送も可能です。
kieko1224@yahoo.co.jp
※メール送信から二日以降が経過しても、こちらからの返信メールがない場合には、届いていない可能性があります。お手数ですが再度、送信してくださいますよう、ご協力をお願いいたします。
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-06-29 04:59 | お菓子

トルコ祭り


日曜日にライン河沿いの広場で、トルコ祭りが開かれていました。

まだ朝早い会場の入り口は人がまばらですが…

c0193257_1284240.jpg


会場内は準備で忙しそうです。

c0193257_1293769.jpg


こちらのご婦人たちは、座布団に座って、ちゃぶ台でパン生地を広げて焼き始めていました。

c0193257_1303781.jpg


残念ながら使っている小麦粉は、お教室と同じドイツの商品でしたが、ここはドイツだから、まぁ、仕方がないか…。(汗)

この薄い生地に、ハンバーグのようなお肉と野菜をたっぷりと包んだ食べ物は、ドイツ語ではHackbaellchen、トルコ語ではKoefteと呼ばれるもの。

c0193257_150070.jpg


c0193257_1351965.jpg


熱々のお肉をお兄さんが大きな手で丁寧に包んでくれました。

c0193257_1383974.jpg


そのほかに注文したお料理はこちら。

c0193257_1392247.jpg


なすの中に挽肉が入っていたり、パプリカなど野菜をふんだんに使っていて、とってもおいしいです。
特にライスの上に温かいひよこ豆がかかったカレーのような左のお料理はSehr good♪
私。真剣にトルコで暮らせるな…、と確信いたしましたもの!(笑)

それにしてもトルコ人はどことなく、いえいえよくよく見ると、お顔立ちが日本人に似ているような気がするのですよ。
そうそう。うちの息子のだいちゃんは、日ごろからよくトルコ人に間違えられるんですけどねぇ~。

それに気が優しくて親切な人が多いです。

きっと午後からはお天気が良くなったので、会場内はたくさんの人々で賑わったのではないかしら…。
ドイツにいながらの楽しいプチ異文化体験でした。



にほんブログ村 海外生活ブログへ


☆レシピ本のお知らせ☆
12月15日に日本でお教室のレシピ本が発売されました!

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社


デュッセルドルフでご購入ご希望の方は、くわしいご案内を送りますので、件名に「レシピ本」と記入のうえ、こちらのメルアドへお問い合わせください。
ドイツ国内、近隣国への郵送も可能です。
kieko1224@yahoo.co.jp
※メール送信から二日以降が経過しても、こちらからの返信メールがない場合には、届いていない可能性があります。お手数ですが再度、送信してくださいますよう、ご協力をお願いいたします。
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-06-28 02:01 | あれこれ

チャリティーバザーのご案内


今週の土曜日に知人がマクロビオティックの食事を提供しているBIOショップで開催するSommer Fest~チャリティーバザー~にお教室の手作りパンが参加いたします!

デュッセルドルフ近郊にお住まいの方、ぜひお越しくださいませ~♪

日時:7月2日(土) 15時から

場所:OekoMa-der Bioladen in Duesseldorf (Oberbilk)
    Heerstr.19 U74・77・79 「Ellerstr」駅下車 徒歩5分

サマーフェストには、ベジタリアン料理、ベーガン仕様のお菓子などが出展されるほか、マクロビオティックの料理人・みかさんの作るマクロビ仕様のヘルシーなお菓子、アロマ講師のかおりさんが作るアロマオイルを使った自然派コスメティック、そして優しいお味の手作りパンのほか、和小物の販売も予定しています。

またチャリティーバザーの収益金は、全額を自然療法スクール「マザーズオフィス」アロマテラピーの学校代表・宮川明子さんが運営する松ヶ丘診療所が中心となって立ち上げられた「東日本大震災で被害に遭われた方々を支援する有志の会」にお渡しし、ドイツから直接、今もなお不自由な生活を強いられている方々のお役に立てるよう支援しようというものです。

会場の中庭では、19時からはコンサートも予定されていますので、夏の日の長い夕暮れ時に、のんびりとおくつろぎ頂けそうですよ~。

どうぞご家族お揃いでお出かけくださいね♪
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-06-27 03:16 | あれこれ

かぼちゃの種のパン

う〜ん♪
何度、食べておいしいです♪

と、今、一番気にいっている私好みのかぼちゃの種のパン。


c0193257_163881.jpg


このパンのすごいところは、裏側にもかぼちゃの種がびっしりと付いているところ。


c0193257_1638325.jpg


どちらが表かわからないくらいでしょう〜?(笑)

それでいて、中にはほんの少しのかぼちゃの種と松の実が入っているのですよ。


c0193257_16385811.jpg


この控えめなところがまたまた良いじゃあないですか!

ちなみにお値段は一個が68セントです。日本円にすると、80円くらい。

パン屋さんが近くにあったら良いのになぁ〜。
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-06-25 16:35 | パン

Koenigswinter

23日の木曜日、ドイツはご聖体を祝う日でBad Godesbergの街はとても静かな祭日の朝でした。

街の向こう側、ちょうどライン河をはさんだ対岸には、中世の物語からドラゴン退治をした伝説の岩が残るKoenigswinterという街があります。

ここのワインは竜の血と呼ばれ、不老不死の効能があるそうな...?

そういえば山に登る登山電車はドイツ最古のものと聞き、子どもたちが小さいころに一度だけ電車に乗りに出かけたことがありました。

でも朝早いKoenigswinterの街は閑散として何もすることがなかったので、車ごと渡し舟に乗船することに...。


c0193257_312611.jpg


日ごろは住民の便利な交通手段なのでしょう。
河を横断する時間はわずか5分弱です。


c0193257_3121056.jpg


遠く山の上に竜退治の塔が見えるのですが、iPhoneには望遠機能が付いておらず、よく見えませんね。(汗)


c0193257_3121473.jpg


船は河を横切る感じ。


c0193257_3121840.jpg


もう、すぐ向こうに見えるのは、Bad Godesbergの街です。

そしてドライブの後は、例によりお気に入りのパン屋さんでかぼちゃの種のパンを買い、ボンのおうちでのんびりとブランチでした。

パンの写真はまたのちほどUPします。
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-06-24 03:02 | おでかけ

天気

最近のお天気。
晴れのち曇りのち雨...
と一日の中でコロコロと変わってます。

女心と秋の空ーみたいに晴れ間に広がる雲が秋みたい。

湿度も高くて洗濯物の乾きも悪いような...?

もう夏が終わっちゃったのかなぁ〜。


午後1時の雨
c0193257_2146060.jpg


午後7時の晴れ
c0193257_1553153.jpg

[PR]

by milkieko_cafe | 2011-06-22 20:30 | あれこれ

キャラメルクロワッサン

近頃、ハマってるお気に入りのパンやさんのキャラメルクロワッサンです。

これ、源氏パイの味がするんですよ(笑)。

c0193257_7312874.jpg


大きさは小ぶりで、ドイツにしては珍しいミニサイズ。

そんなかわいらしさも心をくすぐります。

パンやさんは「Merzenich 」と言ってデュッセルドルフにはないのですが、ケルン、ボンを中心に店舗展開をしているチェーン店です。

ここのカボチャの種のブロートヒェンは香ばしくって、味と風味と全体のバランスも良く、私の中ではナンバー1のお気に入り。

今度、食べ比べ会の時には、ぜひ皆さんに食べてもらいたい!

今、週末はボンに通っておりますので、ここのパンを食べるのは週末の楽しみのひとつです。

c0193257_731333.jpg



さて久しぶりのブログ更新は、iPhoneから。

なんとアプリなるものをダウンロードして、写真がUPできるようになりました。

と言っても、iPhoneで撮った写真に限定されていますので、お教室ファイルの更新は来週以降になりそう。

ネットの復旧は今週の金曜日の予定です。
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-06-21 02:20 | パン

通信障害

再び…
先週末からネットがつかえません。

お引越し後、電話開通までに一ヶ月余り待たされて、やっと快適なネット環境が整ったと思った矢先の突然の出来事です。

電話は普通に使えるのですよ。

なのでモデムが壊れたのかと思い、店頭に持ち込んでみたのですが、器械は壊れていないとのこと。
そして先週末の雷のせいではないか、とお店の人は言うのですが、うちのネットがつながらなくなったのは、確か雷の前だったような…?

しかも何度、問い合わせをしても「復旧中」と答えが返ってくるだけで、ネットは使えないまま一週間以上が経過してしまいました。(泣)

ところでドイツの三大悪が何かをご存知ですか?
ドイツテレコム、ドイツバーン、ドイツポスト。
ドイツにお住まいの方なら、きっとお心当たりがおありのはず…。

もう! 大嫌いだ~! テレコム!!
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-06-14 01:36 | あれこれ

食べ比べ・はちみつ

久しぶりに開催したパン倶楽部のお題は…

「はちみつ」です!

ずら~と机に並んだはちみつは全部で25種類。

c0193257_2343280.jpg


これでもはちみつのほんの一部にしかすぎない、と言ってもよいくらいヨーロッパははちみつの種類が豊富で、ドイツ人の朝食風景では、ブローロヒェンのパンにバターとはちみつをたっぷりとかけて食べる姿をよく見かけます。

そこで今回は11人が集い、それぞれ日ごろ食べているはちみつや珍しくて手がだせないはちみつなどを持ち寄って食べ比べをしてみました。


1.Langnese Biene Akazien-mit Fuehlingsblueten honig
こちらはお教室でいつも使っているアカシアのはちみつです。チューブタイプでさらさらして使いやすい。
お味は食べなれた感じ。

c0193257_2482667.jpg


2.Mellona blumenhonig mit Trauben
ぶどうのお味はしませんが、好みが分かれるところ。

c0193257_2511516.jpg


3.Eifeler Bluetenhonig
アイフェル地方のはちみつです。食べたあとクセのある香りが残る感じ。

c0193257_2543572.jpg


4.Prosopishonig
プロポリス入りのはちみつ。プロポリスは人間の健康づくりに欠かせないビタミンやミネラルが豊富で、良質のフラボノイドを含み、細胞を守る働きのほか、殺菌症、抗酸化症、抗炎症性、抗腫瘍作用にも働く…と言われている健康食品です。こちらは、はちみつと一緒になっているので、とても食べやすく体に良さそう。

c0193257_256354.jpg


5.Orangenblueten
オレンジの花のはちみつ。人工的な香り、トイレの芳香剤?

c0193257_375116.jpg


6.Ingwer in Akazien honig
しょうが入りのアカシアのはちみつです。これは辛い! 紅茶に入れて飲むと良さそう。

c0193257_3131670.jpg


7.Kaffeeblueten honig
珍しいコーヒーの花のはちみつです。クセのある香りが特徴で、お砂糖が入っているようなジョリジョリ感があります。

c0193257_314856.jpg


8.Echter Deutscher Honig Sommertracht von Koeln
このラベルはドイツに住んでいる人なら、一度はお目にかかっているはず。
こちらはケルンと表示されていて、夏のお花のはちみつです。味がしっかりとして、天然なうまみがあります。

c0193257_3172274.jpg


9.Echter Deutscher Honig Waldblueten von Ratingen
こちらも8番と同じラベルですが、ラーティンゲンの森の花のはちみつです。花の香りが強く残ります。

c0193257_3214997.jpg


10.Lindenbluetenhonig
セイヨウボダイジュの花のはちみつ。パンチがきいた味が後味に残る。甘さはちょうどよい。

c0193257_3241454.jpg


11.MIEL de FORETE
フランスの森の花のはちみつです。お教室の方に以前、分けて頂きました。独特の香りあり。

c0193257_444353.jpg


12.Stadtbienenhonig
これはなんとデュッセルドルフのはちみつで、Bilkで作られています。お味は10番のリンデンと同じ香りがしました。100g入り2.49ユーロです。お土産に良さそうですね。

c0193257_4462922.jpg


13.basic Akazien Honig
BIOのお店のアカシアのはちみつ。甘いけど軽くてリーズナブル。

c0193257_44942100.jpg


14.Wabenreiner Bienen honig
和菓子作りに使えそうなBIOのはちみつです。

c0193257_4521457.jpg


15.BIHOPHAR WILDBLUETEN
とてもクセのあるはちみつでした。

c0193257_4535059.jpg


16.Honig mit Truffelaroma
箱に入っていてひときわ存在感があります。トリュフの香りがとてもお上品なはちみつ。こちらはカーマンベールチーズにつけて食べました。お客様のおもてなしにお出しすれば、話題性も加わります。お値段も100g13ユーロと本日の高額商品でした。

c0193257_4551517.jpg


17.Imkergold
スーパーREWEの商品。ベーシックな味はなつかしさがあり、万人受けしそう。

c0193257_4582928.jpg


18.Noci in miele di Acacia
アカシアのはちみつの中にくるみが入っています。そのままくるみを食べてもおいしい~♪ くるみとはちみつは相性が良いのですね。チーズにつけても良さそう。

c0193257_502397.jpg


19.Langnese Gebirgsblueten honig
20.Langnese Wald mit bluetenhonig
21.Langnese Wildbluetenhonig
スーパーでよく見かける1番と同じ会社の商品です。アカシアに比べるとどれもクセがあり甘みも強く感じました。

c0193257_57489.jpg


22.Zitrone
これはレモンの香料がきいています。コーラの飴の味がする…といった意見も。ハンブルグで購入されたと聞いて納得。紅茶に入れてのむと良さそうですね。

c0193257_592998.jpg


23.miel de Lavandes
プロヴァンスのラベンダーのはちみつ。特徴的な香りがします。入れ物もかわいい♪

c0193257_520840.jpg


24.Mas des Abeilles Acacia
こちらもプロヴァンスのアカシアのはちみつです。今回の食べ比べのベスト1に輝きました。
サラっとした感じ、甘さ、香りもSehr gut。カーホフの下で買えます。

c0193257_5221675.jpg


25.HELLMA Akazien honig
先日、ブログで紹介しました8g包装のスティックタイプ。ノーマルなお味だけど少し甘すぎかな。

c0193257_5264678.jpg



と、まぁ、25種類のはちみつをパンにつけながらの試食は、わいわいがやがやと批評しながらの楽しいひと時です。(笑)

c0193257_5292655.jpg


もちろん人それぞれに好みがありますので、サラサラ好き? 濃厚かたまり好き?でもタイプが分かれるのですが、全体的にクセのないお味に人気が集まりました。

そしてクセというのは、やはりお花の蜜でしょうか…。
リンデン、ラベンダーはもちろん特徴的ですが、アカシアに比べて濃い色をした森の花にも強いクセを感じるものが多くありました。

結果、1位はフランスのアカシアのはちみつがダントツ勝利となり、ここでもフランスに王座を奪われてしまったわけなのですが、ちなみに2位は…?と言うと、8番のケルンのはちみつでした。

実は私は個人的には、このケルンのはちみつの自然なお味がとても気に入っています。
こちらは結晶化してほとんど固まりだったのですが、なんだか純粋はちみつであることを実感してしまいました。
これだったらスプーンにつけてペロリっとなめられちゃう…。(笑)

ただし、はちみつの結晶化について調べたところ、「低温で固まれば純粋はちみつで、固まらなければ加糖はちみつ」といわれることがあっても、純粋なはちみつの中にも不純物を濾過しているものは結晶しにくいそうで、単純には見分けることができないのだそうです。

そしてかたまってしまったはちみつの結晶化している部分はブドウ糖で、蜜の部分には果糖が多く含まれているとのこと。
冷蔵庫や冬の室内で固まってしまったものも、湯煎などをして温めれば元の液状になり、品質上は全く問題がありません。

また大きなビンのはちみつを開けるとき、食べ切れるかなぁ~と、何となく勇気が入りますが、はちみつは半永久的に保存が可能です。

販売用の商品には賞味期限が表示されていますが、期限切れであっても味・ビンともにほとんど影響はないそうな。
これは水分含有量が低く濃度が高いので、細菌の繁殖に適さない理由からです。

今日、お集まりの皆さんにも思い切ってはちみつのふたを開けて頂きましたがだいじょうぶです。
上記の理由で腐りませんので、お持ち帰りになったはちみつは末永くお楽しみくださいませ。

そして皆さんでプーさんになった楽しいひと時を本当にありがとうございました~♪
ご協力に感謝です。

では次回の予告を…。
「バターの食べ比べ」?
いえいえ、これから暑い季節を迎えますので、陽気のことを考えると、やっぱり「かぼちゃの種のブロートヒェン」が先かなぁ~。



にほんブログ村 海外生活ブログへ


☆レシピ本のお知らせ☆
12月15日に日本でお教室のレシピ本が発売されました!

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社


デュッセルドルフでご購入ご希望の方は、くわしいご案内を送りますので、件名に「レシピ本」と記入のうえ、こちらのメルアドへお問い合わせください。
ドイツ国内、近隣国への郵送も可能です。
kieko1224@yahoo.co.jp
※メール送信から二日以降が経過しても、こちらからの返信メールがない場合には、届いていない可能性があります。お手数ですが再度、送信してくださいますよう、ご協力をお願いいたします。
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-06-01 07:05 | 材料のこと