<   2011年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

宴のあと


日曜日の朝、8時の風景。
地下鉄のHeinrich-Heine-Allee駅をアルトシュタット方面に出ると…。

c0193257_20502719.jpg


ごみだらけ。

c0193257_20511834.jpg


土曜日の夜は至るところで宴が催されたようです。

一夜をかけて朝まで飲んで、酔っ払っている人もまだ、ちらほら…。

来た、来た。
向こうからオレンジの車の清掃車が…。

c0193257_20531092.jpg


休日の朝からお仕事をしている清掃員の皆さん。
本当にお疲れさまです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ


☆レシピ本のお知らせ☆
12月15日に日本でお教室のレシピ本が発売されました!

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社


デュッセルドルフでご購入ご希望の方は、くわしいご案内を送りますので、件名に「レシピ本」と記入のうえ、こちらのメルアドへお問い合わせください。
ドイツ国内、近隣国への郵送も可能です。
kieko1224@yahoo.co.jp
※メール送信から二日以降が経過しても、こちらからの返信メールがない場合には、届いていない可能性があります。お手数ですが再度、送信してくださいますよう、ご協力をお願いいたします。
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-07-31 20:59 | あれこれ

プラムのケーキ

いちごの時期が終わると、プラムの出番。

パン屋さんではプラムをイースト生地にのせたケーキが売られます。

甘酸っぱいプラムがおいしい♪

お店の人に粉砂糖をかけるようすすめられたけど、丁重にお断りして、自然の甘みを楽しみました。

やっぱりドイツのケーキは甘くないかも...?



c0193257_591732.jpg

[PR]

by milkieko_cafe | 2011-07-31 05:04

満腹♪

ポルトガル料理店へ行きました。

お魚料理においしいじゃがいも...
そして楽しいおしゃべり。

満腹な金曜日の夜のひと時です。



c0193257_6543929.jpg

[PR]

by milkieko_cafe | 2011-07-30 08:50

Makochann@Sweet☆ロールケーキの巻き方

「やめてくれ~!」とMakochannに散々、文句を言われたのですが、初動画をUPします。(汗)

先日、お店でケータリングの注文が入り、デザートとしてMakochannが抹茶カステラのロールケーキを作りました。

これは5本一度に仕上げた時の一部の映像です。

かなり雑な感じがしますが、ご覧頂きたいのはロールケーキの巻き方。
彼は向こう側から手前へと巻いていくんですよ。

あっ、ちなみに私は手前から派ですので、まるっきり反対ですね。(笑)

向こう側から手前はドイツでの巻き方でもあるそうです。






こちらは巻き終わった生地を定規を使って、締めているところ。





最初のロールケーキは「ちょっとミスった」らしいです。(笑)

参考になると良いのですが…。


にほんブログ村 海外生活ブログへ


☆レシピ本のお知らせ☆
12月15日に日本でお教室のレシピ本が発売されました!

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社


デュッセルドルフでご購入ご希望の方は、くわしいご案内を送りますので、件名に「レシピ本」と記入のうえ、こちらのメルアドへお問い合わせください。
ドイツ国内、近隣国への郵送も可能です。
kieko1224@yahoo.co.jp
※メール送信から二日以降が経過しても、こちらからの返信メールがない場合には、届いていない可能性があります。お手数ですが再度、送信してくださいますよう、ご協力をお願いいたします。
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-07-29 04:51 | Makochann@Sweet

パンを買う時間

昨日は久しぶりに皆さんで集って、かぼちゃの種のパンの食べ比べ会を催したことは、前日の記事のとおりです。
が、その時、どうしても皆さんに私が最近、ハマッているボンのパン屋さんのKurbisbrotchenを召しあがって頂きたくて、その前の晩、私はボンに泊まり、火曜日の朝早くにデュッセルドルフへ戻ってきました。

Bad Godesbergにあるパン屋さん「Merzenich」は、朝7時からOPEN。

すでにそのことは事前にチェック済みだったので、電車の時刻に合わせて、お店を訪れたのが7時20分くらいだったでしょうか。

お店はすでに営業を開始しているのに、まだ棚の上に小さなパンがほとんど並んでない!

ドイツのパン屋さんは、お店とは別の場所でパン生地を作り、大きなパンはそこで焼いたものを運び、ブロートヒェンタイプの小型パンは成形までした生地をお店に運んで、店頭のオーブンで焼いて売られます。

よく見ると、私が欲しいKurbisbrotchenは、まだ湯気の立ち込めたオーブンの中…。(汗)

お店の人に焼き上がり時間を尋ねると、あと20分はかかる。と言われ、帰宅時間を考えると到底、待つことができなかったので、ここのお店は断念し、同じ支店のあるケルンで途中下車し、無事にパンを購入。
事無きをえました。

実はこのボンのパン屋さんは土曜日の午前中などはパンを買い求める人が並んでいるのです。
だから早朝もきっと並ぶのかな…なんて覚悟の上の出陣だったのに、肝心のパンが焼きあがっていなくって、なんだか肩透かしをされた感じ…。

一方、同じ時間にBad Godesberg駅構内のKampsへ入ると、全てのパンが出揃っていて、サンドイッチも全種類が完成した状態で置いてありました。

やるな…Kamps。と思いつつ、OPEN時間を見たら、6時開店とのこと。

な~るほど。
パン屋さんの開店は、実質、表記の開店時間より1時間は遅い。

だってパンが出揃うまでに必要な準備仕事を、ドイツ人が就業時間前にするわけがないのですよ。(笑)
つまり7時開店は従業員の出勤時間のこと。

と、言うことは、
焼きたてのパンが食べたい場合は、開店後、1時間過ぎを目安にお店へ出かけたら良いんじゃない?

と、これは新たな良い発見をいたしました~♪

焼きたてパンが食べたかったら、その時間にお店へ買いに行けば良いのです。
そうしたら毎日でもフレッシュなパンが食べられるわけ。(笑)

この味の差は本当に実感しますよ。

例えば、パンの食べ比べ会の時は、皆さんに分担してパンを購入して来てもらいますが、その際、必ず当日の朝に買って来てもらうようお願いしています。

なので食べ比べ会に揃うパンは、味の違いや好みはあっても、全体的にパンがおいしかった、と皆さんがおっしゃるのです。

日ごろは出先のついでにパンを買うことが多く、しかも明日の朝用にと購入するパンは、夕方にパンを買い、翌日に少し温めてから食べたりします。
そうすると確実にパンは劣化しているのですね…。(汗)

昨日も小さく切ったパンが、おしゃべりをしている間に、みるみる乾燥していく様子を、実際にパンを触り、香りをかいで皆さんと一緒に確認しました。

パン屋さんの焼きたてのパンは、冷めたあとも袋に入ることなく、ずっと棚に並べられたり、かごに入ったまま。
切らないことで中の乾燥は多少なりとも防げますが、それでもパンはどんどん乾いていきます。
食感がパサパサしてしまうのは、この時間と環境にも左右されるのだと思います。

なのでぜひ、ドイツのパンをおいしく召し上がるために、パンを買う時間にこだわってみて!

ほんと。
おいしいパン屋さんが近所にある方は幸せです♪


c0193257_343955.jpg

土曜日のBad Godesbergにあるパン屋さん「Merzenich」



にほんブログ村 海外生活ブログへ


☆レシピ本のお知らせ☆
12月15日に日本でお教室のレシピ本が発売されました!

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-07-28 03:53 | あれこれ

食べ比べ・Kürbisbrotchen


今回の食べ比べのお題は、私の大好きなかぼちゃの種のパン=Kürbisbrotchenです♪

ドイツでは定番のパンのひとつですね。
パン屋さんでは真横に切って、ハムやチーズをはさんだサンドイッチスタイルもよく見かけます。

そしてかぼちゃの種が大好きな私は、パン屋さんへ行くとほぼ100%の確率でKürbisbrotchenを購入します。
そうして密かに(?)色々なパン屋さんで試し買いをしているうちに、パン屋さんによってかぼちゃの種のパンも個性が豊か、味もいろいろ…ということを実感していたので、今日は待ちに待ったパン倶楽部の開催でした。(汗)

久しぶりにテーブルの上に並んだ愛しいパンたち♪

c0193257_1533986.jpg


いつ見ても圧巻ですねぇ~!
ひとりでこれだけのパンを一度に食べ比べることは到底、不可能ですから、参加者の皆さんのご協力あってこそのこの企画です。(笑)

では本日、エントリーされたパンを一つひとつ、ご覧ください。

W.Behmes
Nordstr.にある白と青のストライプが目印のパン屋さん。一個の値段は60Cent。
パプリカの粉がふりかけられているのかな? ピリッとした後味が残り、かぼちゃの種以外にも他の種がついていて、個性を感じます。

c0193257_255085.jpg


Scüren
こちらもNordstr.にあるBIOのパン屋さん。緑色が目印。一個の値段が91Centと本日の高値でした。かぼちゃの種のブロートヒェンですが、少しチーズがかかっていて、クミンが入っています。かなりオリジナリティーのあるパンに仕上がっていますね。

c0193257_29311.jpg


Bio-Böcker Backbord
バルバロッサに出るマルクトの中のパン屋さん。BIO商品で、一個65Cent。かぼちゃの種の王道といった趣あり。赤い粒は何だろう?と皆さんで議論した結果、人参だと判明しました。

c0193257_2112830.jpg


Merzenich
ケルンやボンを中心に店舗展開しているパン屋さん。私の一押しです。(汗) 一個69Cent。全体的にバランスがとれたパンです。

c0193257_2132432.jpg


Kamps
もう今や町中、Kampsだらけ…というくらい、どこでも見かける大手チェーン店。一個65Cent。しょっぱいです。いまいち…という意見が多かった。「電化製品売り場のにおいがする」とは、私がパン評論家と密かに尊敬する辛口コメンテーターののりちゃん談。(笑)

c0193257_2305381.jpg


Puppe
ルークプラッツにあるチェーン店。一個70Centで大きいです! 裏側にも種がびっしり。その種もおいしかったので、どうせなら生地の中にもたくさん入れて欲しかった。

c0193257_231198.jpg


Terbuyken
こちらもどこでも見かけるチェーン店。お値段は59Cent。 かぼちゃの種よりも松の実の味が強かった。プレーンのブロートヒェンを買うのならば、かぼちゃの種のブロートヒェンのほうがまだ良し。

c0193257_2315440.jpg


Wieler
メアブッシュから初参加のパン屋さんです。朝の買出しは並んで買って来てくださいました。一個55Cent。種が香ばしいのでしょうゆ味を連想させます。なのにさらっとした感じ。

c0193257_2322335.jpg


Wilhehm Herzogenrath
Niderkasselstr.にある日本人にも地元のドイツ人にも人気のあるお店。お値段は50Cent。とにかく生地がしっとりとしていておいしい。

c0193257_2325512.jpg


Evertzberg
アルトシュタットのマルクト内にあるパン屋さん。お値段は65Cent。ブロートヒェンもおいしいお店ですが、今回、かぼちゃの種のパンがなく、店員さんオススメのかぼちゃの種の入ったミックスパンで参加しました。かぼちゃの種が少なくて残念。パサ付き感がありました。

c0193257_2332952.jpg


BASTIANs
アルトシュタットのマルクト前にあるカフェのパン屋さん。お値段は60Cent。いまいちです。カフェで食べるとパンがおいしく感じられるのに、買って帰るとなぜか、がっかりとしたお味に思うのは、お店の雰囲気がお味をバックアップしてるのでしょうね…。きっと。

c0193257_23437.jpg


Hinkel
ドイツ人がデュッセルドルフでNo.1というパン屋さん。お値段は60Cent。しょっぱいながらもやっぱりかぼちゃの種のパンという主張を忘れず、こちらも王道感があります。

c0193257_2343046.jpg



以上、12種類のパンをひと口サイズに切り分けて、8人で試食しましたが、もう、途中でお腹がいっぱい…。(汗)
種がお腹を膨らませるのか、もしくはたいてい生地の中に加えてある全粒粉やライ麦がお腹を満たしてくれるのか…。
そのせいかお値段もプレーンのブロートヒェンに比べて倍の値段になっています。

では総評です。

まずは見た目でどれを選ぶ?という質問でも、意見が分かれました。
どのパンもパン屋さんのオリジナリティーを感じさせるので、見た目は大いに好みが分かれるところ。

そして試食前に、かぼちゃの種のパンということで、パンのお味を選ぶのか、種のおいしさを見るのか、というご質問がありました。
これ、なかなか鋭い視点かも!

これだけ個性が豊かなパンを前にすると、基準によっては、案外、評価が違ってきそうです。
なので、最終判断は、全体のハーモニーで決めてください~とお願いしました。

そこで皆さんが気に入った上位三つのパンを選んで頂いた結果…
一位は同票で、④Merzenichと⑨Wilhehm Herzogenrathのパンが選ばれました。

Merzenichは、かぼちゃの種のパンという枠から外れて、生地がおいしいとのこと。
残念ながら近所にはありませんので、ケルンやボン方面へ出かけたときに、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

Wilhehm Herzogenrathは、おばあちゃん店員さんも有名な老舗で、毎回、食べ比べ会では上位入賞のパン屋さんです。
本当にしっとりとしたパン生地がおいしいです♪

そして二位は一票差で⑫Hinkelが選ばれました。
実は食べ比べ会では意外にも初の上位入賞です。
種がおいしかったことも得点UPにつながりましたね。

そのほか、二位と三位の票を合計しても、皆さんが選んだパンはいずれも一位のパン屋さんに集中しましたので、これはやはり、おいしいパンはおいしいという結果だと思います。

それでも以前の食べ比べでブローロヒェンがおいしかった所が、必ずしも今回、上位に入らなかったのは、とても興味深く感じます。
全体的にどのパンもすべてがおいしいバランスのとれたパン屋さんは、案外、少ないのかも…。
なのでこうしてパンの種類によって食べ比べをしていくと、このパンはここのパン屋さん、あのパンはあっち、なんて統計がでて、やがてはパン屋さんへ行っても迷わずにパンが買えるようになる日がくるかも知れません。(笑)

また、皆さんで、あ~でもない、こ~でもないと話しているうちに、パンがどんどん乾いていくのがわかるのですよ。(汗)
切り分けているので、余計にそのスピードの速いこと!
やはりブローロヒェンのようなミニサイズは、焼き上がり後、なるべく早く頂くことで、パンの印象が違ってくることも否めません。

そしてパンの食べ比べ総評後も、話題はもっぱらパンのお話で、ドイツ人は質より値段? 量?と思わせるミュンヘンのアウトレッドパン屋さんの話で大いに盛り上がりました。

今日のパンの食べ比べ会。
実は、2009年10月に行ったStuten以来の開催でした。
やっぱり楽しい食べ比べ会です!

ご参加頂いた皆様、ご協力、ありがとうございました~♪



にほんブログ村 海外生活ブログへ


☆レシピ本のお知らせ☆
12月15日に日本でお教室のレシピ本が発売されました!

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-07-27 03:51 | パン

Oebelのかぼちゃの種のパン

街なかでよく見るチェーン店のパン屋さん「Oebel」のかぼちゃの種のパンです。

ミニサイズを買いました。

最近、この手のミニブロートヒェンを置くお店が増えています。

かぼちゃの種の他にひまわりの種だったり、芥子の実がついていたり、お店によってはチーズがかかったミニパンもあります。

たいていは10個買うと少しお安くてミックスでも買えますし、好きなパンだけチョイスするのもOK。

で、こちらのかぼちゃの種のパンですが、食感が十分やわらかいのは、たぶん焼かれてまもなくだからでしょう。


c0193257_1194311.jpg


そのせいか、少しイーストのにおいを感じます。

ミニサイズのパンによくイースト臭が残るのは、焼き時間が関係しているのかも知れません。

小さいサイズだから、焼き過ぎるとかたくなってしまうし、いつも大きなパンばかり焼いてきたドイツ人のことだから、ミニサイズを焼くのはもしかして苦手???

ただ、それでも私はよくミニサイズを買っています。

だってパンの周りにつくかぼちゃの種の味は、大きいパンより贅沢に味わえますから...。(笑)

さて明日はいよいよお教室で、かぼちゃの種のブロートヒェンの食べ比べ会を開催します!
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-07-26 00:29

ドイツっぽい

休日のブランチ。
アウトバーンのレストランで食べたメニューは...


c0193257_2491176.jpg


ソーセージにブロートヒェン(パン)、じゃがいものソテー、そしてたっぷりのコーヒーです。

ちなみにこのソーセージはクナッカーと言って、パリパリッとした歯ごたえ。
日本のシャウエッセンを思い出しました。

それにしても、じゃがいもがおいしい♪
と満足している自分が少し怖い...。(笑)
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-07-25 02:27

SiebrechtとSchrterのかぼちゃの種のパン


こちらはHeinrich-Heine-Allee駅のKarhofの食料品売り場にあるパン屋さん「Siebrecht」のかぼちゃの種のパン。

c0193257_051644.jpg


お店をのぞいたとき、かぼちゃの種が思った以上についていたので、おっ、これは買い!と迷わず買い求めてしまいました。
だって、パンの裏表にかぼちゃの種がしっかりとついているんですもの。(笑)

しかも大きい~!

だけどね。
とってもしょっぱいのです。(汗)

パンの食感は決して悪くないのですよ。
ふわふわ感も適度にあって、パン自体は良い感じ。

でもしょっぱいのが致命的です。


そしてもうひとつはOststrにある「Schrter」。

このパン屋さんはずっと以前に日本人の職人さんがいたらしく、日によってはメロンパンやカレーパン、あんドーナツのような日本風のパンが売られる時があります。
ちなみにJapanTostという角食パンはいつも店頭に並んでいます。

で、かぼちゃの種のパンですが、こちらは少し小ぶりで茶色いですねぇ~。

c0193257_0143041.jpg


なんだかとっても香ばしく、お醤油の風味を感じのは気のせいかしら…?(汗)

だけど食感はわら半紙のような層が膨らんだ噛みごたえです。


残念ながら、どちらもリピートしたいとは思えませんでした。(泣)

かぼちゃの種のブロートヒェンだけでもパン屋さんによって、見た目、大きさ、そしてお味もかなりの違いを感じます。

よ~し。
次のお店へ行こ~ぅ♪


にほんブログ村 海外生活ブログへ


☆レシピ本のお知らせ☆
12月15日に日本でお教室のレシピ本が発売されました!

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-07-24 00:39 | パン

リクエストお待ちしております♪


興味があるけど…
何とも想像し難いお味…
期待できる…?

なんて不安をお持ちのお教室の皆様。

ご心配には及びません。
十分、満足のいくおいしいパンに仕上がってます!

昨日は二回目のリクエストが入った「新作・豚キムチパン」。

最初のお教室の方には、「正直言って、まるで期待していなかったけど、おいしくってびっくり~!」という素直な感想を頂き、昨日のお教室の方には「これはもっと宣伝すべきおいしさ!」とお墨付きを頂きました。(笑)

c0193257_2125355.jpg


パン生地の上からトロンと溶け出している白い物体は、モッツァレラチーズなのですが、これが豚キムチとよく合うのですよ~。

パンと挽肉とキムチとモッツァレラチーズ。
一見、不思議な組み合わせのように思われますが、意外に相性が良いのです。

これはチャレンジしても後悔なし!のおいしさです。
リクエストお待ちしておりますね♪



にほんブログ村 海外生活ブログへ


☆レシピ本のお知らせ☆
12月15日に日本でお教室のレシピ本が発売されました!

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-07-22 22:06 | パン