<   2011年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

Makochannごはんのたぬき丼

週日は長男のMakochannとの共同生活ですが、夕食担当は主にMakochannの仕事です。(汗)

まぁ、好きなものをお互いにそれぞれ作って食べる、というのが基本的スタイルなのですが、煮物や揚げ物、サラダに味噌汁…とMakochannの腕は主婦顔負け…。

で、天かすを使っておいしそうな一品ができあがりました♪
たぬき丼ですって。

c0193257_169391.jpg


玉ねぎと天かすをどんぶりもののだし汁で軽く煮て、卵でとじただけですが、見た目もおいしそう~。
そして油をすった天かすですので、食べても十分、満足できます。

これぞ、若者の一品ですね。(笑)

ちなみにMakochannの得意料理は、じゃがいものコロッケとクリームコロッケにメンチカツ。
おいしいですよ~ん♪


にほんブログ村 海外生活ブログへ



☆レシピ本のお知らせ☆
12月15日に日本でお教室のレシピ本が発売されました!

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社


デュッセルドルフでご購入ご希望の方は、くわしいご案内を送りますので、件名に「レシピ本」と記入のうえ、こちらのメルアドへお問い合わせください。
ドイツ国内、近隣国への郵送も可能です。
kieko1224@yahoo.co.jp
※メール送信から二日以降が経過しても、こちらからの返信メールがない場合には、届いていない可能性があります。お手数ですが再度、送信してくださいますよう、ご協力をお願いいたします。
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-11-30 16:16 | Makochann@Sweet

天使

主人のお店のスタッフだったあんなちゃんのところに、かわいい天使がやってきました。
11月10日生まれのLeiraちゃんです。

周りでワイの、ワイのと抱っこしながら騒いでいたにも関わらず、ぐっすりと眠っていた大物ですぞ~。(笑)

c0193257_7331497.jpg


もう、とってもかわいくって、「連れて帰ろっ」とデレデレしていた主人の気持ちがよくわかります。(汗)

生まれたばかりの赤ちゃんは天使ですね。
その存在だけで、周りをこんなにも幸せにしてくれます。


「天使」
あなたが生を受けたとき、神様はそれはそれは慈しみ深く、あなたを深く愛し、この世にあなたを送り出したのです。
あたたはすでに愛された人、そしてこれからも愛される人、
そして自身もまた隣人を愛する人。
大人になるにつれ、時には理性が生きていくことを難しくするけれど
何も心配することはない。
あなたは天使なのだから…。
生まれてきてくれてありがとう。




にほんブログ村 海外生活ブログへ



☆レシピ本のお知らせ☆
12月15日に日本でお教室のレシピ本が発売されました!

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社


デュッセルドルフでご購入ご希望の方は、くわしいご案内を送りますので、件名に「レシピ本」と記入のうえ、こちらのメルアドへお問い合わせください。
ドイツ国内、近隣国への郵送も可能です。
kieko1224@yahoo.co.jp
※メール送信から二日以降が経過しても、こちらからの返信メールがない場合には、届いていない可能性があります。お手数ですが再度、送信してくださいますよう、ご協力をお願いいたします。
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-11-29 07:42 | あれこれ

待ち時間

ボンへ行く電車に乗る待ち時間。

いつもはコーヒーをmitnehmenして、車内で飲むことが多いのですが、今日は少し余裕があったので、店内でゆっくりと頂きました。

中央駅の中にあるCAFETIEROのコーヒーです。

c0193257_22453272.jpg


小さいカフェが一杯、2ユーロ。
カップに入るとひときわ大きく感じます。

しかも今日は毎回、コーヒーを注文するたびにスタンプを押したカードポイントがたまったので、ご褒美のサービスコーヒー。

なんだか得した気分でうれしいなぁ〜♪

ではこれから電車に乗って出発です。
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-11-27 22:33

シュトレン作り


今年もシュトレンを作る季節がやってきました~!

こちらは昨日のお教室で作った2011年度初のシュトレンです。

c0193257_15383110.jpg


クリスマスの香りは、シナモンとナツメグとカルダモン…。
この組み合わせは、どちらかと言うと苦手な香りだったけど、お教室でシュトレンを作り続けていくうちに、なんだかとっても心地よく、なつかしい香りへと変わってきました。

焼成後のシュトレンは冷めたら、ビニール袋の中へ。

c0193257_15444181.jpg


バターをたっぷりぬった生地に何回かに分けて、粉砂糖をつけていきます。
これは日持ちを考えてのことなので、すぐに食べない場合は、恐ろしいくらいたっぷりとふりかけます。(汗)

なのでお口に入るカロリーのことを考えても、シュトレンはやっぱり薄く切って食べるものだと実感しますねぇ~。(笑)

とは言え、お教室のシュトレンは食べやすいと好評を頂いておりますよ♪

さて、日曜日からはいよいよアドベント週間に入りますが、例年より妙に暖かいドイツ。
昨年の冬が珍しく雪の多い年だったので、今年はどんな冬になるのやら、わくわく、ドキドキです。(笑)

一説によると、木の実が早く落ちる年は、冬が寒いと言われているとか…。
そこで「この冬は極寒だ!」などと予想される声も聞こえてきますが、いずれにしてもクリスマスは暗いドイツにおいて、心が躍る季節であることに間違いありません。

そして12月はお教室でもクリスマスイベントを開催予定です。
お楽しみに~♪


にほんブログ村 海外生活ブログへ



☆レシピ本のお知らせ☆
12月15日に日本でお教室のレシピ本が発売されました!

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社


デュッセルドルフでご購入ご希望の方は、くわしいご案内を送りますので、件名に「レシピ本」と記入のうえ、こちらのメルアドへお問い合わせください。
ドイツ国内、近隣国への郵送も可能です。
kieko1224@yahoo.co.jp
※メール送信から二日以降が経過しても、こちらからの返信メールがない場合には、届いていない可能性があります。お手数ですが再度、送信してくださいますよう、ご協力をお願いいたします。
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-11-25 16:03 | パン

塩たらず…


先日、焼いた私の乾燥バジルと乾燥にんにく入りのイタリア風パン。
味がない~ぃ!(泣)
それもそのはず。
お塩を入れ忘れたから…。

c0193257_14533018.jpg


こちらは通常、ベーコンを巻き込んでいますが、それもせずに焼いたので、全く、ほとんど、完璧に塩気なし。

パンのお塩は本当に大切なんですねぇ~。
たったの1gだって、パンにお味をつけるんですよ。

「塩たらず」という言葉は、塩が足りないと間のぬけた味になってしまうこと。
これが転じて、人がのろのろしていること、能力が低いことを表すのですって。

パンも人も程よい塩加減が良いようです。(笑)



にほんブログ村 海外生活ブログへ



☆レシピ本のお知らせ☆
12月15日に日本でお教室のレシピ本が発売されました!

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社


デュッセルドルフでご購入ご希望の方は、くわしいご案内を送りますので、件名に「レシピ本」と記入のうえ、こちらのメルアドへお問い合わせください。
ドイツ国内、近隣国への郵送も可能です。
kieko1224@yahoo.co.jp
※メール送信から二日以降が経過しても、こちらからの返信メールがない場合には、届いていない可能性があります。お手数ですが再度、送信してくださいますよう、ご協力をお願いいたします。
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-11-24 15:21 | パン

かわいいパン型

お教室のくるみとクランベリーのミニ食パンを型を使って焼いてみました。

c0193257_1550315.jpg


この型は、ハート、花、星の三種類です。

型の高さはどれも一緒なのですが、模様の関係上、微妙に大きさが違うようで、同じ分量で作った生地なのに、膨らみにかなりの違いが…。

しかも下段に立てて置いて焼くため、オーブンに入るギリギリの高さなので、「もうこれ以上、膨らまないで~ぇ!」と少し焦りました。(汗)

できあがりはやっぱりかわいいです♪

c0193257_155437.jpg


スライスしてお召し上がりくださいね。


にほんブログ村 海外生活ブログへ



☆レシピ本のお知らせ☆
12月15日に日本でお教室のレシピ本が発売されました!

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社


デュッセルドルフでご購入ご希望の方は、くわしいご案内を送りますので、件名に「レシピ本」と記入のうえ、こちらのメルアドへお問い合わせください。
ドイツ国内、近隣国への郵送も可能です。
kieko1224@yahoo.co.jp
※メール送信から二日以降が経過しても、こちらからの返信メールがない場合には、届いていない可能性があります。お手数ですが再度、送信してくださいますよう、ご協力をお願いいたします。
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-11-23 15:56 | パン

KuchenとTorteの違い


ドイツのケーキにはKuchen(クーヘン)とTorte(トルテ)の二つの呼び名がありますが、その違いは…?

日曜日は日ごろ、お世話になっている修道院でバザーが開かれたので、Makochannがいくつかケーキを提供させて頂きました。

丸型で焼いたチョコレートケーキとモンブランケーキに抹茶のチーズケーキ。
そしてエクレアとカラメルクリームのロールケーキの5種類です。

c0193257_6561966.jpg


で、小ぶりですが少し手が込んだケーキだったので、値段付けに思わぬ議論が…。(笑)

そこで登場したのが、クーヘンとトルテの定義でした。

一般的にクーヘンは焼きっぱなしのケーキや四角く天板で焼いたものを指し、トルテは丸型で焼いて、生クリームを使用したもの、または手が込んだ工夫がなされたもの、との違いがあるとのこと。

それに当てはめると、チョコレートケーキとモンブランケーキはどこから見ても間違いなくトルテです。
そして丸型で焼いた抹茶のチーズケーキは、見た目はシンプルですが、加工が施してある点からもトルテの仲間入り。

だけどロールケーキは厳密に言うと、トルテには入らないのだそう。
まぁ、ここでは手を加えてある分を昇格させて頂いて、トルテのカテゴリーに入れてあげたいところではありますが…。(汗)

また当然、クーヘンよりトルテのほうがお値段も高くなるのだそうです。

これらのケーキはMakochannの職場ではもちろん売られておりません。
全て彼のオリジナルです。

やっぱりドイツではパンやさんのお菓子職人とパテシエという名の付くお菓子職人には大きな差がありそう。

まだまだ腕を磨かなければいけないMakochannです。



にほんブログ村 海外生活ブログへ



☆レシピ本のお知らせ☆
12月15日に日本でお教室のレシピ本が発売されました!

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社


デュッセルドルフでご購入ご希望の方は、くわしいご案内を送りますので、件名に「レシピ本」と記入のうえ、こちらのメルアドへお問い合わせください。
ドイツ国内、近隣国への郵送も可能です。
kieko1224@yahoo.co.jp
※メール送信から二日以降が経過しても、こちらからの返信メールがない場合には、届いていない可能性があります。お手数ですが再度、送信してくださいますよう、ご協力をお願いいたします。
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-11-22 07:19 | あれこれ

TerbuykenのKraftkornbrot


先日のMehrkornbrotの食べ比べのパンの中に、ひときわ色の黒さが目立ったパンがありました。

c0193257_164326.jpg


BelzenplatzのHeinemannのお店近くにあるパン屋さん「Terbuyken」のKraftkornbrotです。
こちらは別名・Dreikornbrot=三種類の種が入ったパンとも呼ばれています。

さてこのパンの特徴は、色の黒さと他のパン屋さんのパンには感じることのないさわやかな香りがあったこと。

ハーブ系のような香辛料系のような…?
でも嗅げば嗅ぐほど、私にはアールグレイの紅茶の匂いがする。(笑)

たくさんの種入りパンに煮出した紅茶?
そんなわけはありませんよねぇ~。(汗)

そこで「Terbuyken」のHPから、レシピをチェック。→
http://www.baeckerei-terbuyken.de/images/stories/pdf/brotfolder.pdf


使われた材料は
小麦粉、ライ麦の全粒粉、ライ麦粉、ライ麦を原料にした押し麦、オートミールの押し麦、水、グリーンピースの砕いたもの、亜麻の実、ひまわりの種、大麦、塩、水、イースト、大豆加工品
となっていました。

あら、あるわけないけど、どこにもアールグレイなんて記述されていないじゃない?(笑)

では一体、あの香りはどこからくるのでしょう…。
グリンピース? 大豆?

しかも粉の比率はライ麦が50%、小麦粉が45%、そしてオートミールが5%という割合で、ライ麦率も半分という数字なんですけどね…ぇ。

調べてもやっぱり謎に包まれたままでした。(汗)

この謎の解明にご協力頂ける方、ぜひTerbuykenのKraftkornbrotを食べてみて~!
そしてお口に入れる前に、必ず匂いを嗅いでみてください。
この香り、何だと思いますか?

ちなみにこちらのパン屋さんは街中でもよく見かけるチェーン店ですが、最近はロゴもかわいらしくなって、お店の造りも明るく、パンの種類も豊富ですよ。

実は創業1895年という老舗。
パン作りも材料にこだわり、生地を長時間寝かせたり…と、機械化を進めながらも、昔ながらの製法にこだわりをもってパン作りをしているお店です。



にほんブログ村 海外生活ブログへ


☆レシピ本のお知らせ☆
12月15日に日本でお教室のレシピ本が発売されました!

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社


デュッセルドルフでご購入ご希望の方は、くわしいご案内を送りますので、件名に「レシピ本」と記入のうえ、こちらのメルアドへお問い合わせください。
ドイツ国内、近隣国への郵送も可能です。
kieko1224@yahoo.co.jp
※メール送信から二日以降が経過しても、こちらからの返信メールがない場合には、届いていない可能性があります。お手数ですが再度、送信してくださいますよう、ご協力をお願いいたします。
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-11-19 16:45 | パン

情報 福島市の子供を守るための署名


福島市出身の友人から、「福島市の子供を守るための署名」について情報を頂きました。
この場をお借りして、ご案内させて頂きます。



~以下、友人のメールより~

福島市は原発のある場所から70kmくらいは離れているとにもかかわらず、地形的な原因からか部分的にかなり高い放射濃度が観測されています。

しかしながら政府はそれを問題視せず、避難地区に指定することも無いので、小さな子供を抱えて他所へ移ろうとしている人たちのことを<福島は安全なのに勝手に他所へ避難していく者たち>と捉え、何の援助もありません。

父親は仕事があるので福島から離れられない人が多く、政府が安全だと言っている街から逃げようとしている家族は、近所や同じ学校の仲間から<裏切り者>扱いされている人たちもいます。
残念ながら未だに政府が発表している<福島は安全>を鵜呑みに信じている人たちが多いのです。

それに援助がなければお金に余裕の無い人たちは避難できません。

今避難をしたら、将来戻ってきても自分たちはもう今住んでいる街や学校に受け入れてもらえないかもしれない、と言う不安も大きく、そうなると目に見えない放射能の危険性より今の生活を守ることのほうが大切と考えてしまいたくなるのだと思います。

今、政府に要求していることは、政府が今の状況を決して<安全>などではないと認めること、そして放射濃度が高い地区を速やかに<避難指定地区>にすることです。

勿論指定された地区の人が他所へ移る時には何らかの形で援助することが必要条件です。

添付したサイト情報を読んで、ご賛同頂けましたらご署名お願いします。
お知り合いのかたがたにも転送していただけたら幸いです。


http://www.avaaz.org/jp/save_the_fukushima_children_1/




ご協力、ありがとうございました。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-11-18 16:36 | あれこれ

食べ比べ・Mehrkornbrot


今月のパン倶楽部は、ドイツ人が食事パンとして好んで食べる「Mehrkornbrot」の食べ比べを行いました~!

「たくさんの種のパン」と名のつくとおり、生地の中にも外側にも色々な種が共存し、別名・体バランスのパンとか力強いパンなど呼ばれることもあります。

このパンが定番のドイツパンと言える理由は、パン屋さんにそのお店のオリジナル商品がたくさん売られていることからも伺い知れますね。
例えば「Mehrkornbrotをください」と言うと、「どのMehrkornbrot? うちにはこれだけあるわよ」と対応するパン屋さんが多いのですよ。

見た目は茶色いですが、なんと、なんと、パン生地は意外にやわらかく、そしてしょっぱくない。
「思っていた以上にマイルドでおいしい~♪」
と、ドイツパンのおいしさを再認識することができました。

c0193257_5123572.jpg


このパン生地の中にたくさんの種を入れて焼く、という発想は、お米に色々な具を混ぜて炊く、日本の炊き込みご飯のような感覚なのかしら…?(笑)

それでは集まったパンをじっくりとご覧くださいね。


Merzenich
ケルンやボンを中心に店舗展開しているパン屋さん。当日の朝にボンから買ってきました。
食べる場所によって味が違う? 押し麦の香りが強いので、外側がおいしい。歯ごたえがある。

c0193257_5164965.jpg


W.Behmes
Nordstr.にある白と青のストライプが目印のパン屋さん。
もちもち感がある。少ししょっぱい。

c0193257_518281.jpg


Scüren
こちらもNordstr.にあるBIOのパン屋さん。緑色が目印。
酸味がある。あとから口の中で甘みともっちり、どっしり感を感じることができ、Scürenらしいパン。

c0193257_5183065.jpg


Puppe
ルークプラッツにあるチェーン店。
全体にバランスがとれていてやわらかくておいしい。ゴツゴツした感じがしないのに、そしてゴマがたくさんついているわけでもないのに、ゴマの味を一番、感じることができた。

c0193257_5185195.jpg


Zanders
Belsenplatz近くの茶色い壁のパン屋さん。二年前のBrötchen以来、久しぶりの参戦でした。
普通っぽい。何かつけて食べたい感じ。

c0193257_5191611.jpg


BASTIANs
アルトシュタットのマルクト前にあるカフェのパン屋さん。
外側の焦げた部分がおいしい。塩気がある。

c0193257_5193441.jpg


Hinkel
ドイツ人がデュッセルドルフでNo.1というパン屋さん。
しっかりと焼いた感じは見た目も良い。種も豊富でおいしい。

c0193257_5195974.jpg


Evertzberg
アルトシュタットのマルクト内にあるパン屋さん。
酸味があり、噛めば噛むほど味わい深いパン。

c0193257_5202292.jpg


Wilhehm Herzogenrath
Niderkasselstr.にある日本人にも地元のドイツ人にも人気のあるお店。
パンに独特の香り。ドイツ人の好きなにおいかも。

c0193257_5204699.jpg


Terbuyken
デュッセルを中心としたチェーン店。
チョコレート色の濃い色が特徴的。さわやかな香りは謎に包まれたまま…。

c0193257_521813.jpg


Bio-Böcker Backbord
バルバロッサに出るマルクトの中のパン屋さん。BIO商品です。外で売られていただけあって、やってきたパンが冷た~い。(笑)
人参が入っていたのが特徴的。オレンジが良い色でした。素材の甘みが感じられます。

c0193257_5212720.jpg


Hercules
BIOショップ・Refolmhausで買いました。
ねっとりとしいて、粉の風味あり。

c0193257_5215284.jpg




まず食べ始める前に見た目においしそうなパンを選んで頂くと、今回の参加者8名の好みはそれぞれ分散され、③Scüren、⑦Hinkel、⑧Evertzbergが二票ずつ、①Merzenichと④Puppeが一票と分かれました。
つまりはどれも魅力的ということ…?
実際、どのパンもおいしそうでやわらかそうな外観です。

お味は酸味を感じるライ麦が入っているものが少なく、全粒粉とあわせる生地が多いようです。
種の種類は本当にそれぞれで、茶色い亜麻の実、ブルーのケシ、白いゴマ、マツの実、押し麦など…。
これだけでも十分、栄養が取れそうですし、これに人参をあわせることで、さらにバランスの良い栄養価になりそうな気がします。

そして皆さんにそれぞれ一番(3点)、二番(2点)、三番(1点)を選んで頂いて、順位をつけた総合結果は…

一位が18点と全体に高い点数を獲得した⑦HinkelのMehrkornbrotでした♪
c0193257_5195974.jpg


次いで二位が14点で、バランスがとれた④Puppeのパン。
c0193257_5185195.jpg


三位は大きく差が開いて、⑧Evertzberg、⑫Herculesと続きました。

今回、お値段をきちんと計算できませんでしたが、一個買いをしても2ユーロ弱とかなりリーズナブルです。
それでいて栄養がちゃんと取れ、腹持ちが良いとなれば、ドイツ人に人気のパンとなるのは当たり前ですねぇ。(笑)

朝はMehrkornbrotが主食のRさんのご主人様は、このパンにジャムやペーストなどをつけたり、ハム、チーズと合わせることが多いのだとか。
でももちろん、種がたくさん入っているおかげで、パンだけても十分においしく食べられます。

以上の結果から、ドイツのパンは苦手という方や、ドイツのパン屋さんでどのパンを買ったら良いかわからないという方には、オススメのMehrkornbrotです!


さて、パンの食べ比べの合間のおしゃべりは、時々、大きく脱線しつつも、Aさんの手作りツナパテを皆さんで頂いて、お口直しはKさんの手作りのかぼちゃのケーキでお腹も大満足なパン倶楽部のひと時。

c0193257_612176.jpg


Sさんの出産もいよいよ秒読みに入り、栄養のあるパンで力をつけ、笑いで胎教もばっちりですね。
参加者の皆様、ご協力ありがとうございました~。


にほんブログ村 海外生活ブログへ


☆レシピ本のお知らせ☆
12月15日に日本でお教室のレシピ本が発売されました!

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社


デュッセルドルフでご購入ご希望の方は、くわしいご案内を送りますので、件名に「レシピ本」と記入のうえ、こちらのメルアドへお問い合わせください。
ドイツ国内、近隣国への郵送も可能です。
kieko1224@yahoo.co.jp
※メール送信から二日以降が経過しても、こちらからの返信メールがない場合には、届いていない可能性があります。お手数ですが再度、送信してくださいますよう、ご協力をお願いいたします。
[PR]

by milkieko_cafe | 2011-11-17 06:56 | パン