<   2012年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Dallmayr


セミナーに参加するため、土曜日から月曜日までミュンヘンに滞在しました。
この春、3人のお教室の方が偶然、ミュンヘンへ移動されることになり、何となくご縁を感じていた土地です。

今回は集中セミナーで自分の潜在意識を掘り下げることが目的でしたので、観光は一切なし。
それでも帰り間際にDallmayrに寄り、夕食のパンをいくつか購入しました。

実はミュンヘンのパン屋さんを通り過ぎるたび、ついつい癖になっているパンチェックをしつつ感じたのが、
クロワッサンが大きい。
しかもベタベタ感がありそう。
ドイツっぽいなぁ〜ってこと。(汗)

なのでちょっと買う気にはなれずにいたのですが、こちらのDallmayrのクロワッサンはちょっとおいしそう。

c0193257_1301925.jpg


今から帰りのICEの中で頂きま〜す!

それにしてもミュンヘンは行き交う人々もどことなくおしゃれですよ。

素敵な出会いとわくわくした体験に感謝しつつ...
また来るね〜♪
ありがとう〜。
[PR]

by milkieko_cafe | 2012-03-27 01:00

Makochann@Sweetのシャルケのケーキ


遠くから見て~!

c0193257_16134011.jpg


サッカー少年のりょうごくんのお誕生日ケーキに、シャルケのロゴをつけました。

近くで見ると、なんだかちかちかして、よくわからないかな…。
えっ? 私の老眼のせい?(汗)





にほんブログ村 海外生活ブログへ

※ご訪問ありがとうございます※



☆レシピ本のお知らせ☆

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社


デュッセルドルフでご購入ご希望の方は、くわしいご案内を送りますので、件名に「レシピ本」と記入のうえ、こちらのメルアドへお問い合わせください。
ドイツ国内、近隣国への郵送も可能です。
kieko1224@yahoo.co.jp
※メール送信から二日以降が経過しても、こちらからの返信メールがない場合には、届いていない可能性があります。お手数ですが再度、送信してくださいますよう、ご協力をお願いいたします。
[PR]

by milkieko_cafe | 2012-03-23 16:17 | Makochann@Sweet

くるみのパンとミラベルのジャム


昨日はもうすぐ本帰国されるAkikoさんと仲良しのTokikoさんと一緒に、軽めのおしゃべりランチを楽しみました。

ランチと言っても、Akikoさんが買ってきてくれたBrot&Butterのパンと主人のお店のお惣菜商品であるオニオンスープにフランスバター、そしてフェルベールさんのミラベルのジャムという朝食メニューですが、パン好きの私にとっては、これだけで大満足です。(笑)

c0193257_1612820.jpg


しかもBrot&Butterのくるみパンとミラベルのジャムは最強コンビ!
これは至福の組み合わせと言えそうですよ~。

c0193257_1611916.jpg


さすが、フェルベールさんのジャムはおいしいですね。
日ごろ、あまりジャムは食べない私ですが、この商品だけはやっぱり特別。
封を開けたら、あっという間に食べ切ってしまいます。(汗)

アルザスののどかな田園風景を思い出しました。

Akikoさん。
毎回、素敵な時間をご一緒できたことに心より感謝です。
ありがとうございました~。



にほんブログ村 海外生活ブログへ

※ご訪問ありがとうございます※



☆レシピ本のお知らせ☆

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社


デュッセルドルフでご購入ご希望の方は、くわしいご案内を送りますので、件名に「レシピ本」と記入のうえ、こちらのメルアドへお問い合わせください。
ドイツ国内、近隣国への郵送も可能です。
kieko1224@yahoo.co.jp
※メール送信から二日以降が経過しても、こちらからの返信メールがない場合には、届いていない可能性があります。お手数ですが再度、送信してくださいますよう、ご協力をお願いいたします。
[PR]

by milkieko_cafe | 2012-03-21 16:22 | パン

アイスブルー

金曜日の夜は第二回目の生け花教室がお教室で開催されました♪

まだまだ初心者ですから何も考えられず…
ただひたすらお花を手に取り活けてみる。
それでも確実にお花からパワーを頂けるような気がして楽しいです。

先日、知人から「アイスブルー」という言葉を教えて頂いたのですが、これは「ホ・オポノポノ」というイハレアカラ・ヒューレン博士が伝承しているハワイのスピリチュアル法のひとつ。
「アイスブルー」という言葉を唱えながら植物にふれると、潜在意識にある負の記憶をクリーニングしてくれるのだそうです。

アイスブルーとは氷河の水の色。
本来は効果のある植物もきちんと決められておりますが、それにこだわる必要もないとのこと。

なので気がつくと、最近はお教室の植物をさわりながら、やたら「アイスブルー」とつぶやくのが日課になりました。(笑)

そこでもちろん、お花を活けるときも「アイスブルー」です。
植物には癒しの力があるなぁ~と以前から感じてはいましたが、ますますそんな小さなお恵みを強く感じ、
…ありがとう…。

そんなわけで生け花教室の後は、スペシャルなお花が毎回、お教室に飾られることになり、これもまた良い感じですよ。

c0193257_16195054.jpg


ちなみにこの作品は「斜型」を習ったので、本来は桜の枝がすべて左側を向いていたのですが、お掃除苦手な私に代わって、お手伝いをしてくださるプッツフラウさんが帰った後、桜の枝が写真のように両側に開いた形になっていました。
おそらく、彼女が桜の枝を引っかけ外してしまったので、彼女のセンスで戻してくれたのですよ。

あら、これはこれでとっても素敵♪
おかげで幸せな空間ができあがりました。


にほんブログ村 海外生活ブログへ

※ご訪問ありがとうございます※



☆レシピ本のお知らせ☆

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社


デュッセルドルフでご購入ご希望の方は、くわしいご案内を送りますので、件名に「レシピ本」と記入のうえ、こちらのメルアドへお問い合わせください。
ドイツ国内、近隣国への郵送も可能です。
kieko1224@yahoo.co.jp
※メール送信から二日以降が経過しても、こちらからの返信メールがない場合には、届いていない可能性があります。お手数ですが再度、送信してくださいますよう、ご協力をお願いいたします。
[PR]

by milkieko_cafe | 2012-03-18 16:40 | あれこれ

Makochann@Sweetの卒業制作


最近のMakochannは、もうすぐ専門学校の卒業を迎えるにあたり、課題のひとつであるマジパン制作の練習に励んでおります。

テーマはドイツ人にもおなじみの「ジブリ」に出てくるキャラクターたち。
作りやすいし、見た目もかわいいとのこと。

c0193257_16194073.jpg


あらっ、ほんと、かわいい~♪

卒業試験の課題はいくつかあるらしいのですが、テスト時間内にマジパン制作も含まれる、とのことですので、その場でこれらのキャラクターたちを作らなければならないのですって。(汗)

で、珍しく自宅に材料を持ち込んで、自分の部屋でせっせと作り上げたのですが、
本当はもう一つ、大きなトトロがいたはずなのに、これがどこにも見当たらないのです。

そして行方不明になったトトロを追跡調査したところ、どうやら犯人はお留守番をしていたみるくのよう。
食べ終えた痕跡をお兄ちゃんの部屋で発見してしまいました。

当の本人はまるっきり反省の色なし。(笑)

みるくにとっては、すごいごちそうでしたね。
食べ応えがあったと思いますよ~ぉ。



にほんブログ村 海外生活ブログへ

※ご訪問ありがとうございます※



☆レシピ本のお知らせ☆

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社


デュッセルドルフでご購入ご希望の方は、くわしいご案内を送りますので、件名に「レシピ本」と記入のうえ、こちらのメルアドへお問い合わせください。
ドイツ国内、近隣国への郵送も可能です。
kieko1224@yahoo.co.jp
※メール送信から二日以降が経過しても、こちらからの返信メールがない場合には、届いていない可能性があります。お手数ですが再度、送信してくださいますよう、ご協力をお願いいたします。
[PR]

by milkieko_cafe | 2012-03-17 16:31 | Makochann@Sweet

Makochann@Sweetのフランクフルタークランツとマカロン


バタークリーム好きなMasakoさんからフランクフルタークランツのご注文を頂きました♪

c0193257_15302683.jpg


名前のとおり、実はフランクフルトの銘菓。
ドイツ語でFrankfurt(フランクフルト)の名前と輪を意味する Kranz(クランツ)に由来しています。

王冠みたいでしょう~。

こちら、バターケーキにバタークリームが定番の重たいケーキなのですが、最近はドイツのパン屋さんでもケーキ部分は軽めに仕上げてあるのだそうです。

そこでバタークリームが大量に余ったので、マカロンにはさみました♪

c0193257_15344999.jpg


最近はかなりマカロン作りの腕が上がったように見受けられます。
思わずマカロン好きのOさんから「注文しても良いですか?」とうれしいお話を頂きました。(笑)

c0193257_153757.jpg


Oさんのお嬢さんは、マカロンが大好きで、最近はお菓子作りに目覚め、マカロンにも挑戦しようとしているとのこと。
なんだかとっても乙女チックですね。

いつか、いつか、お教室のメニューに加えられた良いなぁ。(汗)


にほんブログ村 海外生活ブログへ

※ご訪問ありがとうございます※



☆レシピ本のお知らせ☆

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社


デュッセルドルフでご購入ご希望の方は、くわしいご案内を送りますので、件名に「レシピ本」と記入のうえ、こちらのメルアドへお問い合わせください。
ドイツ国内、近隣国への郵送も可能です。
kieko1224@yahoo.co.jp
※メール送信から二日以降が経過しても、こちらからの返信メールがない場合には、届いていない可能性があります。お手数ですが再度、送信してくださいますよう、ご協力をお願いいたします。
[PR]

by milkieko_cafe | 2012-03-16 15:43 | Makochann@Sweet

ブリオッシュと語る


ちょっとオスマシ。「うふっ。幸せ♪」

c0193257_14324696.jpg


かなり前向き。「いつもありがとうございます!」

c0193257_14331340.jpg


日々、反省。「失礼しました。」

c0193257_14334819.jpg



色々な表情があって良いみたい。


にほんブログ村 海外生活ブログへ

※ご訪問ありがとうございます※



☆レシピ本のお知らせ☆

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社


デュッセルドルフでご購入ご希望の方は、くわしいご案内を送りますので、件名に「レシピ本」と記入のうえ、こちらのメルアドへお問い合わせください。
ドイツ国内、近隣国への郵送も可能です。
kieko1224@yahoo.co.jp
※メール送信から二日以降が経過しても、こちらからの返信メールがない場合には、届いていない可能性があります。お手数ですが再度、送信してくださいますよう、ご協力をお願いいたします。
[PR]

by milkieko_cafe | 2012-03-15 14:38 | パン

焼かれているとおいしい。

ドイツ語がうまく訳せませんが、最近、見かける街の広告です。

c0193257_0454031.jpg


まだ焼かれる前の白肌プレッツェル。
もちろん、このままでは食べられません。
オーブンの中できれいに焼き色がついたらおいしそう〜♪

と言うことで、こちらは日焼けサロンの広告でした。

写真と言葉のフレーズから、宣伝の意図がなかなか的を得ていませんか〜?

ただし、人もパンも焼き加減が大切ですか...ね?(笑)
[PR]

by milkieko_cafe | 2012-03-13 00:11

ポルトガルの粉 その2


昨日は粉のパッケージをUPしていませんでしたので、しつこくポルトガルの粉の続きです。

c0193257_2103568.jpg


左がタイプ65で、右側がパンに向いているタイプ55です。

ちなみに左側の粉はBIO製品でした。

Mさんはドイツに比べると、BIOショップは少なそう、とおっしゃっていましたが、ポルトガルに暮らし始めたら、新たな発見がたくさんありそうですね。

こちらはタイプ65で焼いてみました。

c0193257_2133610.jpg


わかめと白ゴマのパンです。

よ~く膨らみましたよ~♪
今回は白ゴマと黒ゴマと半分ずつ加えてみたので、断面の生地は少しグレイがかった感じに仕上がりましたが、やっぱり味わい深いパンのひとつです。

最近はそんなポルトガルの粉をテーマにお教室でおしゃべりが弾んでいますが
「パンが作りづらい国はどこでしょう?」
の質問に、思わず
「ドイツかも…?」と答えてしまった私。

これはあくまでも「ふわふわパンを作りづらい国は?」という意味なのですが
粉の膨らむ力が弱い
湿度、温度などパンを作る環境
お水…などを踏まえて感じたことです。

それでもご安心くださいね。
お教室では、ちゃんとおいしいパンが焼きあがっていますから。(笑)

時々、「おうちで作ると、お教室で作るようにうまくいかないなぁ~」
という呟きを耳にしますが
私も初めはそうでした。

だいじょうぶ。
何度も作り続けていくうちに、おいしいパンが必ず焼けます♪
一度では諦めずに、繰り返し挑戦してみてくださいね。


にほんブログ村 海外生活ブログへ

※ご訪問ありがとうございます※



☆レシピ本のお知らせ☆

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社


デュッセルドルフでご購入ご希望の方は、くわしいご案内を送りますので、件名に「レシピ本」と記入のうえ、こちらのメルアドへお問い合わせください。
ドイツ国内、近隣国への郵送も可能です。
kieko1224@yahoo.co.jp
※メール送信から二日以降が経過しても、こちらからの返信メールがない場合には、届いていない可能性があります。お手数ですが再度、送信してくださいますよう、ご協力をお願いいたします。
[PR]

by milkieko_cafe | 2012-03-10 21:15 | パン

ポルトガルの粉


もうすぐポルトガルへ横移動されるMさんが、下見に行かれた現地から、いくつかの粉を仕入れてきました。

所変われば、品変わる。

これはどこの国へ出かけても感じることですが、その土地で生活をしている人々の暮らしに、ほんの一部でも触れることができるのは、とても楽しいことですね。

さて、Mさんが用意してくださったのは、番号なしのお菓子の写真がついた粉とタイプ55、そして65という数字の三種類のお粉。

二桁数字の分類の表示はフランスと一緒です。
でもグルテン量は、ドイツ405の粉と番号なしの粉が同等くらい。

そこで先日は、番号なしの粉でクリームパンを焼いてみたのですが
まず見た目の出来上がりが違いました。

c0193257_15311841.jpg


405のお教室の粉で作った皆さんの作品に混じり、ひときわ濃い色に焼けている二つのクリームパンが、ポルトガルの粉で作ったものです。

後ろもこの通り。

c0193257_15323594.jpg


同じ焼成時間なのに、かなり焦げた感じがして、表面がパリッとした仕上がりになってしまいました。

どうやらこれはやっぱりお菓子用の粉?
食感はパイのような感じがして、ふわっと感は大いに欠けます。

でも吸水と捏ねはいつもと変わらず、膨らみも悪くはなかったのですよ。

そこでタイプ55で食パンを焼いてみたところ、これがなかなか良かった!
ふわふわ感も食感もかなり日本の粉に近いみたい。

さすが、お菓子の国・ポルトガル。

あっ、カステラを日本へもたらした、という歴史から、私の頭の中では、勝手に「お菓子の国」という商号をつけています。(笑)

で、気がついたら、試食でバクバクと食べてしまって、すっかり写真を撮り忘れ。(汗)

そこで気を取り直して、こちらはタイプ65で焼いた食パンです。

c0193257_1539476.jpg


こちらも予想以上に良く膨らみましたよ~♪

ドイツの環境でこれだけふわふわのパンが焼けるのですから、ポルトガルではもっと作りやすいのではないかしら…?

しばらくポルトガルの粉の試作が続きそうです。



にほんブログ村 海外生活ブログへ

※ご訪問ありがとうございます※



☆レシピ本のお知らせ☆

本のタイトルは
デュッセルドルフでパン作り
[大型本]112ページ
藤井 紀詠子 (著)
価格:1,500円
出版社・アップオン 販売・主婦の友社


デュッセルドルフでご購入ご希望の方は、くわしいご案内を送りますので、件名に「レシピ本」と記入のうえ、こちらのメルアドへお問い合わせください。
ドイツ国内、近隣国への郵送も可能です。
kieko1224@yahoo.co.jp
※メール送信から二日以降が経過しても、こちらからの返信メールがない場合には、届いていない可能性があります。お手数ですが再度、送信してくださいますよう、ご協力をお願いいたします。
[PR]

by milkieko_cafe | 2012-03-09 15:50 | パン