食べ比べ・レバーペースト


久しぶりにパン倶楽部の開催です!

今回の食べ比べのお題は、パンにぬって食べる「Leberpastete・レバーペースト」。

個人的にはレバーが苦手…(汗)。
なので、どうしても敬遠しがちな食材なのですが、ドイツといえばレバーペースト!?と言っても良いくらいの定番商品です。

ほら、ほら。
お肉屋さんにはたくさんのレバーペーストが並んでいますよぉ~。

c0193257_3515345.jpg


そこでデュッセルドルフのCalsplatz市場にあるお肉屋さん「Shinken Toni」さんにご協力を頂いて、15種類のレバーペーストを用意し、8人で食べ比べをしてみました。



①Grobe Kalbs Leberwurßt (子牛のレバー・粗め)
レバーのクセがなく、食べやすい。シーチキンような子供用ソーセージのお味?
c0193257_403487.jpg


②伝統的なSchweine Leberwurßt (BIOの豚肉レバー、玉ねぎとハーブ入り)
香辛料が利いていて、ねっとりした感じ。
c0193257_435150.jpg


③Schweine Blutleberwurßt (BIOの豚肉レバー、血入り)
思ったよりもおいしい。血は気にならない。
c0193257_465550.jpg
 

④Majolan Schweine Leberwurßt (BIOの豚肉レバー、マジョラン入り)
香草が利いている。
c0193257_492218.jpg


⑤Kalbus Leberwurßt frisch (スモークをしていない子牛のレバー)
レバーブルストのイメージに一番近く、他のものとは香りが違う。
c0193257_4125330.jpg
 

⑥Kalbus Leberwurßt トリュフ入り (子牛のトリュフ入りレバー)
うまみがあるが、トリュフの味は感じない。
c0193257_4144882.jpg


⑦Gefulugel Puten Leberwurßt (七面鳥のレバー)
とても濃厚なお味。
c0193257_417168.jpg


⑧Feine Schweine Leberwurßt (きめ細かいBIOの豚肉レバー)
標準的で万人受けしそう?
c0193257_4191152.jpg


⑨自家製Kalbus Leberwurßt (お店で作っている自家製の子牛レバー、コニャク酒やクランベリー、粒こしょう、ハーゼルナッツ入り)
色々なものが入っていて、甘みがある。
c0193257_422218.jpg


⑩ベルギーのSchweine Leberwurßt (ベルギー産の豚レバー)
個性的な味。
c0193257_424223.jpg


⑪Tee Leberwurßt Grobe (北ドイツの粗めのレバーペースト )
粗い食感が口当たりよい。
c0193257_4271684.jpg


⑫Tee Leberwurßt Fein (北ドイツのきめ細かいレバーペースト)
まったりした感じの口当たりで、少ししょっぱい。
c0193257_4291914.jpg


※北ドイツ地方の人たちは、コーヒーよりも紅茶を好むと言われ、パンにつけたTee Leberwurßtは、紅茶を飲みながら、頂くのだそうです。

⑬Well Schweine Leberwurßt (焼いて食べるレバーペースト。もちろん生でもOK)
血が入ったレバー マイルドな感じ。
c0193257_4351134.jpg

血が入らないレバー スパイシーな感じ。どちらも焼いたほうが香ばしい。
c0193257_4362446.jpg


⑭Ente Leberwurßt (鴨肉のレバー&野生きのこ入り)
独特の味がある。
c0193257_4402687.jpg


⑮Fasan Leberwurßt (キジのレバー)
パンにのせて食べるのに合う。よりレバーっぽい?
c0193257_4434888.jpg



以上の15種類のレバーペーストは、Niderkasselstr.にあるパン屋さん「Wilhehm Herzogenrath」で購入したブローロヒェンとバゲット、そして二種類のライ麦入りミッシュブロートにつけて頂きました。

そして総評はおもしろいことに、個人的な好みが大きく分かれ、レバーが好きな人はよりレバーの味が濃いものを好まれ、苦手な人は香辛料などでレバーの味が隠されたあっさりタイプが気に入ったようでした。

それでも今まであまりレバーペーストを食べたことがなかった人にとっては、案外、おいしく食べられるもの…という新発見であったことは確かです。

ドイツ人は黒パンの間にレバーペーストをはさんで、職場や学校にお弁当として持って行くのだそうですが、黒パンの酸味にも濃厚なレバーのお味はよく合うのかも知れません。

またよく耳にする血のソーセージですが、余すところなくすべての部位を使うという発想から、血を入れることで日持ちをよくする、という理由もあるようです。

ちなみにお値段ですが、⑥、⑨、⑩、⑭、⑮は100gあたり、3.50ユーロ。そのほかは100gあたりが2.50ユーロとなっています。


それにしても、さすがだなぁ~と思ったのは、Shinken Toniのマイスター。
だって、どの商品を手にとっても、すぐに何が使われていて、どんな特徴があるのかを説明してくれるんですよ。

c0193257_572193.jpg


お店では質問にも気軽に答えてくれて、お味見もさせてくれます。
数あるソーセージやハム、サラミなどの中から、何を選んだら良いのかがわからない時やドイツのお味を試してみたい方は、ぜひお買い物の際に立ち寄ってみてください!

c0193257_5242641.jpg


まだレバーペーストに挑戦したことがない方は、食べやすい②がオススメ。
そしてレバーが大好きな方には、⑮の珍しいキジのレバーペーストあたりをオススメいたします。

そしてパン倶楽部にご参加くださった皆さん、
暑い中のペースト企画で、大変、お疲れさまでした~!


にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]

by milkieko_cafe | 2010-07-01 05:30 | パン